Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

しっかりと守り、セットプレーで効果的に得点を重ねた東京Vユースが3-1で昌平に勝利

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

9月12日、高円宮杯JFAU-18サッカープリンスリーグ関東の第2節が行われ、昌平高校グラウンドでは昌平と東京ヴェルディユースが対戦した。 【フォトギャラリー】昌平 vs 東京ヴェルディユース  ともに繋ぐスタイルを志向する両雄の対戦。5分に昌平はDF唐木晃(3年)のフィードにFW小見洋太(3年)が抜け出す。しかしシュートは惜しくもポストに嫌われた。  一方の東京ヴェルディはピッチを広く使った攻撃で対抗。すると16分、大きなサイドチェンジからの展開で相手ディフェンスに揺さぶりをかけるとFW堀内泰雅の反転シュートは防がれたが、直後エリア内でファールを誘いPKを獲得。これをDF栗津一輝がゴール左下隅に突き刺してヴェルディが先制した。  追う展開となった昌平はポゼッションを高めながら攻撃的な両サイドバックも関わる形でヴェルディディフェンスを崩しにかかる。しかし32分のMF須藤直輝(3年)の突破はトップ昇格が決まったDF佐古真礼(3年)が足を伸ばしてエリア内への侵入は許さず。その後も昌平が攻め込む展開が続いた中でヴェルディは佐古が声を出してディフェンスラインを引き締め。得点は許さなかった。  後半も昌平がボールを持つ形で展開する中で、東京ヴェルディユースは引水を挟んで橋本陸斗(中3)、MF根本鼓太郎(2年)、DF青木瑠星(2年)と2分の間に3枚替え。するとこの交代が奏功する。橋本のドリブル突破からフリーキックを獲得すると70分、根本の正確なキックに中に走り込んだDF酒井優希(3年)が決めて追加点。さらにその4分後には再び根本のキックから酒井が今度は頭で合わせて3点目とした。

 昌平は83分、小見が左サイドを仕掛け、クロスをMF小川優介(3年)がシュート。これは防がれたが、こぼれ球をMF平原隆暉(2年)が決めて1点を返す。その後も昌平は須藤が身体をひねりながら狙う場面もあったが、相手のブロックに遭ってゴールとはならず。直後のMF篠田大輝(2年)のヘディングシュートも枠をとらえることができなかった。  試合はこのままタイムアップ。ホーム昌平がボールを持つ時間帯が長かった中で佐古を中心にしっかりと守り、セットプレーで効果的に得点を重ねた東京ヴェルディが3-1で勝利した。

【関連記事】