Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

若手に募るリモート不満。Zoomも使えない上司、残業申請できない空気も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

新型コロナウイルスの影響でリモートワークを導入した職場も多い。 ただ、リモートワークで通勤時間がなくなり、余裕が生まれたかと思いきや、「ムダな業務が増えた」「上司の監視で息苦しい」と、かえって非効率を感じている若手も少なくない 【全画像をみる】若手に募るリモート不満。Zoomも使えない上司、残業申請できない空気も

「オンライン化」したあいさつ回り

「えっ、ログインするだけじゃん……?」 日系大手メーカー・営業職のカナコさん(28、仮名)は、思わず心の中でそうつぶやいた。 コロナ流行をきっかけにカナコさんの職場でもリモートワークが導入されて数カ月。カナコさんはモヤモヤを感じ続けている。 業務を効率化する絶好のチャンスであるはずが、カナコさんの「ムダ業務」はむしろ、増えているからだ。 カナコさんが直面したのは、四半期に一度、取引先を回る「あいさつ回り」のオンライン化だ。そもそも具体的な商談があるわけでもないのにお互いに世間話をするだけの「ごあいさつ」。 さらに、上層部同士が顔を合わせる「ごあいさつ」では、面会者のプロフィールや話してもらうことを社内で確認する「ごあいさつ事前ミーティング」が通例。その取りまとめはカナコさんの役回りだ。無意味とも思える慣習に、カナコさんは辟易していた。 「得意先を前に恥をかきたくないから、Zoomの使い方を練習するための社内打ち合わせを設けてくれ」 「ごあいさつ事前ミーティング」直前に、50代の上司にそう言われて、カナコさんがとっさに思ったことが、冒頭のひと言だったというわけだ。

まるでサポートデスク担当

仕方なく「ごあいさつ事前ミーティング」の前の「Zoomの使い方勉強会」を自主開催したカナコさんだが、悲劇は続いた。 時間通りに上司がZoomに入ってこない。入っても音が聞こえず、接続不良も起こる。さらには、画面共有の仕方が分からない、ファイル共有サービスへの資料のアップロードの仕方が分からない、最新のデータはどれだ……。 まるでサポートデスクのような扱いに、カナコさんはイライラを隠せなかった。 より深刻な問題も起こっている。 カナコさんの職場では社の規定でSkypeを使うことが定められており、規定外のアプリはインストールすることすら許されない。 それでも取引先の企業がZoomを使う場合は、それに合わせざるを得ない。取引先がZoomを指定してリモート会議をする場合は、情報システム部門に個別に承認を取る必要がある。 社内で行う「Zoomの使い方勉強会」は、取引先の要請ではない。つまりは正当な理由だと認められないため、カナコさんは仕方なく、社内ルールを犯してプライベートアカウントでZoomをダウンロードし、上司に使い方を教えたという。 「この時間は何も売り上げに貢献していないし、本当にムダな時間。こちらもいい迷惑です。単純なツールも使いこなせない上司は全員クビにしたい」

【関連記事】