Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

尖閣諸島の支配強化で提言 自民国防議連 下地島空港の使用も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
琉球新報

 【東京】自民党の国防議員連盟(会長・衛藤征士郎元防衛庁長官)は17日、尖閣諸島の実効支配を強化するため、南西諸島の空港や港湾を自衛隊が使用できるように整備、拡張することなどを求める提言案をまとめた。政府と県の確認書により民間利用のみ認められている下地島空港(宮古島市)の使用も盛り込んだ。政府に来週提出する方針。  提言は防衛力、警察力、行政力の三つの観点から強化策をまとめた。尖閣周辺での自衛隊と米軍との共同訓練実施や、与那国島に自衛隊の護衛艦などが入港できるよう整備を図ることなどを明記した。  議連の17日の会合では、下地島空港について、防衛省の担当者から「現段階で航空自衛隊の基地として使う考えはない」との説明があった。南西諸島で自衛隊戦闘機が発着可能なのは那覇空港のほかに下地島空港しかなく、議連は「戦闘機の利用を目標に政府に働き掛けていきたい」(事務局長の佐藤正久参院議員)としている。

琉球新報社

【関連記事】