Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「エール」仲里依紗&野間口徹“バンブー夫妻”の劇中劇が話題!ムロツヨシも絶賛「サッカーに例えるならボランチ」

配信

ザテレビジョン

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。5月26日放送の第42回では仲里依紗&野間口徹が“寸劇”を披露する一幕があり、多方面で話題を呼んでいる。(以下、ネタバレがあります) 【写真を見る】仲里依紗演じる恵。定番スタイル・フリルのエプロンがかわいい! ■ バンブーに舞台が出現! 第41回で学内の記念公演オーディションの二次選考に臨んだ音(二階堂)。結果は合格だったが、審査員を務めたオペラ歌手・双浦環(柴咲コウ)に「あなたの歌には惹かれるものがなかった」と厳しい言葉を投げかけられた。 喫茶バンブーで話を聞いた久志(山崎育三郎)は音に、記念公演の演目である「椿姫」について十分に理解していないのでは、と指摘。バンブーのマスター夫妻、保(野間口)と恵(仲)の力を借りて「椿姫」のあらすじを説明する寸劇を展開した。 バンブー店内に現れた舞台上、突如タキシードを着た保とゴージャスなドレス姿の恵が現れ寸劇「椿姫」の上演がスタート。久志のストーリーテリングに乗って、田舎の御曹司・アルフレード(野間口)と社交場の華・ヴィオレッタ(仲)の悲恋がかいつまんで説明された。 表情豊かにヴィオレッタを演じる恵に対し、たどたどしくアルフレードを演じる保に久志が「もっと情熱的に!パッションをぶつけて!」と“演出”を施すなど、劇中劇はコミカルに展開。途中、保による衣装の早替えと二役という見どころも設けられ、最後は天に召されたヴィオレッタを胸に抱き、アルフレードが「ヴィオレッターー!」と叫ぶシーンで幕を閉じた。 きっちりとカーテンコールまで演じ切った保と恵。「思い出すなぁ!旅芸人の一座にいたときのこと!」と昔を懐かしむ恵に保が「…旅芸人?」と聞き返す、お決まりのやりとりも描かれた。 ■ ムロツヨシも絶賛「素晴らしいプレー」 「エール」公式Twitterによれば、実はこの寸劇のためにミュージカル指導の先生のもと稽古もきっちり行われたという。同アカウントでは、寸劇シーンの稽古風景も公開されている。 遊び心いっぱいのワンシーンに、視聴者からは喝采の声が続々。SNSでは「バンブー夫妻好きすぎる!!」「バンブー夫妻の茶番劇で爆笑」「椿姫のあらすじをエールの寸劇で知った朝…」「バンブーのお2人と育三郎様の寸劇最高だった!」といった声があふれ、「#エール」がTwitterのトレンド入りを果たした。 仲&野間口の快演は、俳優仲間の心も射抜いた様子。Instagramで毎朝トークライブ映像を配信する俳優のムロツヨシは26日配信の動画でこの日の“バンブー劇場”に言及し「サッカーにたとえるならボランチ」「ツウな人から見たら素晴らしいプレー。サッカーを普段見慣れない人から見たら、ある意味地味に見えるポジション」と、“バンブー夫妻”の演技力に感じ入っていた。 27日は第43回を放送する。記念公演の最終選考に向けて、男女の機微を学ぼうとカフェーで働き始めた音。心配でたまらない裕一は、たまたま訪れた鉄男(中村蒼)に頼み込んで様子を見に行ってもらう。カフェーを訪れた鉄男は、店で驚きの再会を果たす。 (ザテレビジョン)

【関連記事】