Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「霊」「霊元」「幽谷」難読の珍名さん 7月26日は「幽霊の日」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

■7月26日は「幽霊の日」  日本にはさまざまな記念日があるが、そのなかでも一風変わった記念日がある。7月26日は「幽霊の日」とされている。 7月26日が「幽霊の日」となった由来は、1825年(文政8年)7月26日に江戸の中村座で「東海道四谷怪談」が初めて演じられた日だからと言われている。四谷怪談と言えば「お岩さん」が登場する日本の幽霊話の中でも代表的なもので、今でも語り継がれている。 この記事の写真はこちら  昔から幽霊は怖いとのイメージがあるからなのか、「幽霊(ゆうれい)」という名字は存在しない。しかし、「霊」という名字が奈良県に存在する。これは、「みたま」と読む。なぜ、このような名字を付けたのか不思議に思うが、由来は職業が寺の僧侶であったからで、幽霊とは関係がない。熊本県には「幽霊寺」と呼ばれる寺があるが、住職の名字は紫安(むらやす)で霊には関係なさそうである。 「霊」の付く名字には「霊山(よしやま・たまやま)」「霊元(よしもと)」「霊田(たまた・たまだ・れいだ)」「霊園(れいえん)」「霊鞍(たまくら)」「霊鷲(たまわし)」などがある。幽霊は、一般的に人を呪うようなものとして知られているが、これらの名字はいずれも良い意味での霊を表した名字のように思える。  一方で、「幽」が付く名字は「幽谷」のみ存在する。こちらは、「かすや」と読む。幽霊の実在は明かではないが、多くの場合「足がなく、ぼんやりとかすんで見える」イメージがある。その様子から「かすや」と呼ぶようになったのかもしれない。

高信 幸男

【関連記事】