Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

焦点は2位争い? 自民党総裁選3候補の違い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

自民党の総裁選挙が8日、告示されました。 菅官房長官が圧倒的優位と言われる中で、この総裁選のどこに注目すべきか、解説します。

3候補のプロフィール

8日、立候補を届け出たのは以下の3人です。 石破茂元幹事長(63)は鳥取県出身。父親も元国会議員の二世議員です。趣味は鉄道と70年代アイドル。 岸田文雄政調会長(63)は広島選出。父・祖父も国会議員だった三世議員です。趣味は野球チーム・カープの試合観戦。 菅義偉官房長官(71)は秋田出身。世襲でない、たたき上げです。趣味は渓流釣りとウォーキング。 菅さんが総理になれば秋田県出身で初めてで、法政大学出身としても初となります。

政策の違いは?

石破氏のキャッチフレーズは「納得と共感」。安倍総理との政治姿勢の違いを強調しています。国民の政治への「納得と共感」が大事だと訴えています。 菅氏は「安倍政権の継承」を旗印に出馬しているので、基本、安倍政権と政策は同じです。行政のデジタル化を進めるため「デジタル庁」の新設などを訴えています。 岸田氏は「分断から協調へ」。経済や社会の分断が深まりつつあると主張していて、格差の是正を訴えています。

「アベノミクス」への見解

同じ自民党なので基本的には政策が大きく違うわけではありませんが、経済への姿勢には違いがあります。 アベノミクスについての見解をそれぞれ次のように述べています。 石破元幹事長 「東京の負荷を軽減するということ、地方に雇用と所得を実現するということ。この2つを国のあり方を、設計図を見直すという観点から変えていかねばならない」 菅官房長官 「(Q:アベノミクスは格差を生んだ?)まったくないと思っている。アベノミクスは日本の経済をよみがえらせたと思っている」 岸田政調会長 「中小企業や地方にも成長の果実が届くんだと言い続けたが、残念ながら7年間まだ届いてないという状況がある。そして結果として格差が生じてしまっている」 菅氏はアベノミクスを前進させていくと。岸田氏は「格差が拡大した」として、中間所得層への住宅や教育支援の強化を訴えています。石破氏は地方重視の路線を打ち出していて、東京一極集中を改め、地方主導の経済発展と、内需主導型経済への転換を図るとしています。

【関連記事】