Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジェニファー・ロペス、「新型コロナ」危機が収束し次第イタリアで挙式予定!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)は結婚する用意ができているようだ。 『Us Weekly』によると、新型コロナウイルス・パンデミックの影響が少なくなればすぐにも、婚約者アレックス・ロドリゲス(Alex Rodriguez)と結婚する予定だという。 【写真】ジェニファー・ロペスから盗むべき39の健康習慣 「(結婚式の)計画はすべて整って支払いも済ませていた。もちろん新型コロナウイルスの影響で延期せざるを得なかったけれど、通常の状態に戻ったらすぐ、J.LoはAロッドと結婚したいと思っている」と、ある情報源は語る。

現在、世界中のほとんどの国々がWHOのアドバイスに従い、ソーシャルディスタンシングを実践し、新型コロナウイルスの感染拡大を減速させようとしている。医療関係者が人々に家にとどまるよう強く促す一方、結婚式やパレード、コンサート、ナイトライフといった特別なイベントはすべて中止や延期となって止まっている状態だ。特に、海外旅行はストップさせられている。 4月初旬、エレン・デジェネレスとのテレビ電話インタビューで、ロペスはこのパンデミックのために結婚式を延期したと明かしていた。結婚式は当初、夏に予定されていたと報じられている。 「実はちょっと影響を受けていて、状況を見ている状態よ」と、ロペス。「正直言って、日程とかそういうのはどうなるか本当にわからないの。」と、デジェネレスに語っていた。 延期したとはいえ、ロペスとロドリゲスは、然るべき時が来たら2人の愛を誓う用意はできている。「彼女は、家族や親しい友人たちの前で彼と結婚して2人の愛を祝いたいと思っているみたい」と、前述の情報源は語っている。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

【関連記事】