Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

性交痛、かゆみ、においなど人に言えない“膣トラブル”、解決のカギは「保湿ケア」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 おりもののにおいが強くなったり、かゆみが頻繁にあったり……。これらはすべて老化現象!膣もアンチエイジングが必要なんです!  【写真】人には聞けないデリケートゾーンの洗い方をイラスト付きで解説。要チェック!  婦人科医の池下育子さんは「更年期前後から膣の自浄作用が大幅に低下します」と語る。腐敗臭のようなおりものが出たり、痛みやかゆみが現れてくる。 週刊女性にも「閉経以降、下着が膣に張りつく感じが気になって……。乾燥して、ちょっとの刺激で痛いんです」(62歳・Iさん)などのお悩みが寄せられている。  更年期の女性を苦しめるこれらのお悩みを解決する方法を、池下さんに詳しく伺った。

悩み1. 不快さが続くかゆみ・におい

「自転車のサドルにまたがっただけで、こすれて陰部が痛くなったり、ペーパーで強くふき取ったらヒリヒリしてしまったり。更年期前後から膣はとてもデリケートになってきます」と、池下さん。  膣の老化は40歳ごろから始まり、50代半ばの更年期を迎えるころから顕著になってくる。女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、膣の粘膜が薄くなり粘液の分泌が減少、肌と同じようにハリや弾力もなくなる。乾燥した肌が敏感傾向になるのと同じように、膣も乾燥してくるので、傷がつきやすく、炎症が起こりやすくなってしまうのだ。  さらに、池下さんは「50代の膣はよどんだ空間になりがち」という。 「膣に雑菌が入っても、生理があれば経血と一緒に流れるのですが、生理がなくなると膣の中の雑菌が停滞したままで、よどんでしまいます。すると、においが強くて、色の濃いおりものが出たり、かゆみの症状が現れてきます」  若いころは自浄作用が十分に機能しているが、更年期以降は、その機能が低下。デリケートゾーンのにおいが強い場合は、“滞り”のサインだと思ってほしい。この状態でセルフケアをおこたっていると、感染症を招きかねない。 「特に気をつけたいのが、更年期前後で数年ぶりにSEXをするとき。不衛生な状態だと感染症にかかりやすくなります」  性行為後には、しっかり洗浄するなどのケアが重要となる。 「おりものの量や色に大きな変化がみられたら、性感染症はもちろん、子宮がんの可能性も。不安に思ったらすぐに婦人科を受診してください」

【関連記事】