Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

澤村だけじゃない。トレードで移籍した巨人のドラ1新人王投手とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 2020年9月7日、巨人の澤村拓一が香月一也とのトレードでロッテに移籍した。ここ数年は不調に陥っていたが、長らくチームの投手陣を支えてきた存在だっただけに、移籍に驚いたファンも多いだろう。実は過去にも、澤村と同じようにドラフト1位で入団して新人王を獲得した選手で、トレード移籍した選手が1人だけいる。それが現在巨人の二軍投手コーチを務める木佐貫洋だ。木佐貫の入団から現役引退までの足跡をまとめてみた。 「飼い殺し」をなくす…好例として澤村拓一の名が球史に刻まれるか?/球界の論点

1年目からエース級の活躍を見せて新人王を獲得

 亜大のエースだった木佐貫は、東都大学リーグに31試合登板して通算12勝8敗、防御率1.80と活躍。世界大学野球選手権日本代表にも選出されるなど、複数のプロ球団に注目される存在だった。迎えた2002年のドラフトで、東海大の久保裕也とともに自由獲得枠で巨人に入団。背番号は21。前年までチョ・ソンミンが付けていた番号だった。  新人ながら即戦力として期待された木佐貫は、オープン戦でも好投を続け、当時の原辰徳監督から「オープン戦のMVP」と評された。この結果を受け、木佐貫は新人ながら開幕ローテーション入りし、2003年3月30日に行われた中日との開幕3戦目で初登板・初先発を記録。しかし、この試合はわずか1回1/3を投げて5失点と早々にKOされてしまう。  ほろ苦い初先発を経験した木佐貫だが、その後も思うようなピッチングができずに3戦続けて勝ち星なし。それでもエースの上原浩治やベテランの桑田真澄のアドバイスを受け、徐々に調子を取り戻した木佐貫は、4度目の登板で念願の初勝利を記録。するとここから快刀乱麻の活躍を見せ、1年目ながら監督推薦でオールスターにも出場した。  木佐貫はルーキー1年目の後半戦も一時防御率リーグトップに立つなど調子を維持し、最終的に25試合に登板して10勝7敗、防御率3.34を記録。さらに完封はリーグトップの2度達成した。その結果、亜大で同期だった広島の永川勝浩を抑え、新人王に選出される。

【関連記事】