Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「焼そばU.F.O」宇宙へ 湯切り不要 野口聡一飛行士の好物

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia NEWS

 日清食品ホールディングスは、カップ焼きそば「日清焼そばU.F.O.」を宇宙食にした「スペース日清焼そばU.F.O.」など4品が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)により「宇宙日本食」として認証されたと発表した。野口聡一宇宙飛行士が、国際宇宙ステーション (ISS) に滞在する際に携行する予定だ。 【その他の画像】  日清の商品では既に、「スペースカップヌードル」「スペースシーフードヌードル」「スペースカップヌードルカレー」が宇宙日本食として認証されている。  新たに開発した「スペース日清焼そばU.F.O.」は、「宇宙で大好物の焼そばを食べたい」という野口飛行士の要望から開発。通常のカップ焼きそばと異なり湯切りの必要がなく、液体ソースの味わいを粉末ソースだけで再現したという。  さらに、「日清スペースチキンラーメン」「日清スペースキーマカレーメシ」「日清スペースハヤシメシ」の3品も、宇宙日本食として認定された。カレーメシとハヤシメシは、ISS内で給湯できる70度前後のお湯を注いで混ぜるだけで、ふっくら食感のごはんができるという。  同社の宇宙日本食計7品は、JAXAが管理する食品リストに加えられ、日本人宇宙飛行士がISSに滞在する際に活用されていく。

ITmedia NEWS

【関連記事】