Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ロンバケ」「ひとつ屋根の下」「東京ラブストーリー」 伝説ドラマ連発の「90年代月9ドラマ」 あなたが一番好きなのは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 1990年代初めといえば、バブル真っ盛りのトレンディドラマ全盛期。そしてバブル崩壊後も、フジテレビ系列で月曜21時に放映していた「月9」ドラマは、高視聴率を連発し大人気でした。その頃に青春時代を過ごした人にとっては思い出の作品も多いでしょう。 【投票経過:ランキングTOP10を見る】  そこで今回は「あなたの好きな90年代の月9ドラマ」をご紹介していきます。あなたが一番思い入れのある作品はどれですか? ※紹介作は放映が新しい順、特に視聴率が高かったものを選んでいます

●ラブジェネレーション

 木村拓哉さんと松たか子さん主演の軽快な恋愛ドラマ。反発しながらも惹かれ合っていく2人の展開が話題になりました!  主題歌「幸せな結末」は、大瀧詠一さんが12年ぶりに作曲したこともニュースに。木村さんの名ゼリフ「ちょ、待てよ!」が、生まれた作品でもあります。

●ビーチボーイズ

 主演は反町隆史さんと竹野内豊さん。2人の男の共通点は「大切なものを失った」ことだけ。そんな2人が海の見える民宿にやってきて、経営を盛り立てていくストーリーです。  イケメン俳優2人を眺められるだけでも眼福。最近は演技派女優として活躍している広末涼子さんも、ドラマ当時は10代でした。清純な魅力は必見!

●ひとつ屋根の下2

 「ひとつ屋根の下1」(93年)の続編です。江口洋介さんが演じる熱血漢の「あんちゃん」に見守られながら、弟妹たちはそれぞれの道へ進んでいきます。  主題歌は、当時すでに懐かしかった「サボテンの花」。発売から18年経って、リバイバルヒットしました。

●バージンロード

 主演は和久井映見さん。父ひとり娘ひとりの親子関係や、相手役である反町隆史さんとの恋愛模様が見どころでした。

●おいしい関係

 主演は中山美穂さん。原作は槇村さとるさんの人気コミックです。没落した元お嬢様がグルメな舌を頼りに、男社会である料理人の世界に飛び込んで奮闘します。  相手役には唐沢寿明さんを配し、恋のライバルは飯島直子さんが担当しました。

●ロングバケーション

 主演は木村拓哉さんと山口智子さん。初回視聴率30.6%、最終回は最高視聴率36.7%を記録と、大ヒットした恋愛ドラマです。  婚約破棄された年上女性と、スランプ中のピアニストが共同生活をすることになり、ぶつかり合ううち、お互いが大切な存在となっていきます。

【関連記事】