Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「卓球をやれたんだから」元全日本チャンピオンの餃子屋からのエール<野平直孝・後編>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

元全日本監督・野平孝雄を父に持ち、現役時代は全日本男子ダブルスチャンピオンなど、数々の輝かしい戦績を残した元卓球選手の野平直孝。 「卓球とお店の経営は似ている」と語る野平直孝 現役引退後は西国分寺に「餃子屋とんぼ」をオープンし、今年で12年目を迎える。 >>なぜ男は、卓球全日本チャンピオンから餃子屋になったのか<野平直孝・前編>

僕にはチャンスボールに見えた

このお店、いわゆる住宅街の中にある。売上が望めそうな繁華街ではなく、西国分寺駅から徒歩5~6分の場所で営業中だ。 お世辞にも有利な立地とは言えないが、野平の中で勝算はあったのだろうか?それとも、何かこだわりが……? 「こだわりは全然ないです。最初は家の近くに出したかったんですけど、家賃が高くて。なるべく借金せず、少ない資金で始めたいと思っていたので、段々ずれて行った結果がここです」軽やかに笑う。 なかなか、イメージ通りの物件が見つからないとき、ふと、この物件を紹介してもらったのも卓球関係の知り合いからだった。 「不動産をやってる知り合いにこの物件を紹介してもらったんです。卓球関係の方なんですけど。ここは駅から歩いて来れるし、1階だし、広さがちょうど良かった。飲食関係の仲間からは『こんなところによく決めたね』って言われたけど、その人たちにはチャンスボールに見えなくとも僕にはチャンスボールに見えたんです」

お店も卓球も自分ができることで勝ちを目指す

物件など物理的な準備は、卓球界の人脈のおかげで整った。 そして、店主としてのポリシーにも、食べ歩きの経験と卓球で身に付けた戦い方が影響している。 「今みたいにネットがない時代、知らない地方に行くとタクシーの運転手さんに『この近くで地元の人に愛されてるような飲み屋さんはないですか?』とよく聞いていました。そういうとき、運転手さんが連れて行ってくれるお店ってだいたい辺りが真っ暗なんです。『こんなところに店があるのかな?』と思ったらポツンと赤提灯が見えてきて、『こんなところに人いるのかな?』ってガラッと開けたら人がいっぱいいて『いらっしゃい! お兄ちゃん、初めてだね』って。常連さんが来たら『また、来たの?』って」。 そして、味にも驚いたと言う。 「さぞおいしいんだろうなと思ってもつ煮込みを頼むと普通なんですよ(笑)。僕がラーメン屋さんを食べ歩いていたとき、興味は丼だけに集中していました。でも、『ここ(丼)じゃないな』と。『うまいものを作ったら勝てる』ではなく、居心地いいお店を作るほうが料理の味より重要なんじゃないかって気づいたんです」 「これって、卓球と同じですよね。フットワークが良くなければ勝てないわけじゃないし、逆にスマッシュが凄いのに勝てない選手もいる。自分ができることで上手に勝ちを目指すのが卓球です。卓球と飲食店は一緒。メニューが1個しか出せないのなら、極端な話1個でもいい。基本的には今持ってるもので戦う。でも、できることのスキルを上げる練習はする。それに気づいてからは、お店を出す勇気が出ました」

【関連記事】

最終更新:
Rallys