Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『Bリーグ3年目の挑戦』へ青木保憲は虎視眈々「僕を必要としてくれた川崎で、もう一回挑戦する」

配信

バスケット・カウント

「点数で言うと30点、足りないことだらけ」

取材=古後登志夫 構成=鈴木健一郎 写真=野口岳彦 2018年1月に筑波大から川崎ブレイブサンダースへ特別指定選手として加入した青木保憲が、そのままプロ契約を結んでから2シーズンが経過した。日本代表キャプテンの篠山竜青、リーグベスト5に選ばれた藤井祐眞を擁する川崎で若いポイントガードが出番を得るのは至難の業だ。それでも今シーズンの青木は、決して出番は多くないにせよ故障者続出の緊急事態でコートに送り出されると、ディフェンスからハードにプレーしてリズムを作るスタイルで存在感を発揮。特に決勝まで進出した天皇杯での働きが光った。今オフに契約延長を勝ち取った青木だが、本人の自己採点は「30点」。成長できる環境に身を置いているが、いつまでも若手ではいられないという焦りも彼の中にはある。自身のキャリアをどう高めていくか、『ヤス』が胸中を語ってくれた。 ──前回にインタビューさせてもらったのは川崎に加入する半年前、教育実習で福岡大学附属大濠に戻って来ていた時でした。その時には「何とかプロになりたい」と話していた青木選手がBリーグ屈指の強豪である川崎の一員となり、今回は契約延長のオファーも勝ち取りました。特別指定の時間も含めてBリーグで過ごした2年半、自己評価はいかがですか?  難しいですけど、点数で言うと30点ぐらいじゃないですか。「足りないことだらけ」が正直なところで、30点は自分が成長できたと思う部分です。一つにはBリーグのバスケットに慣れたことで、特に今シーズンはバスケット選手としての自分のベースが一段階上がった手応えがあって、オフェンスもディフェンスも成長できたと感じられるようになりました。正直、プロになって最初の1年間は足踏みしてしまった感じがあるので、そこも踏まえると30点ですね。 やっぱりすごく感じたのが、1シーズンが長いなって。大学のリーグ戦は約20試合で、それでも長いと思っていたくらいです。今シーズンは40試合で終わりましたけど、それでも同じような生活を続ける中で同じパフォーマンスを出していくための準備、メンタルをどう保つかも、すごく難しいと感じた部分です。 その中で、バスケットに対する学びというのは本当に毎日感じるので、自分にとって良かったとも感じます。一日一日の積み重ね、本当にそれに尽きるという感じで、何か特別な出来事があるわけじゃなく、チーム練習に取り組み、その後に足りない部分をアシスタントコーチに助けてもらいながらワークアウトで積み上げていく繰り返しです。プロになって、結果を求める中で日々のプロセスを意識するようになりました。 ──当時は「将来は高校の指導者になりたい」と話していました。プロを経験したことで、プロのコーチとかGMは考えませんか?  それはないですね。プロというより学生の世代に何か還元できる立場になりたくて、そこはブレていないです。ただ、今はまずプロとしてどれだけ結果を残せるかです。バスケットボールの知識を得ることも含めてそんなに簡単じゃないですけど、ここで結果を出していずれ指導の現場に立つことができればと思います。

【関連記事】