Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

GSX-R1000R、CBR1000RR-R。ウワサの「国産大型スーパースポーツ」最強モデルに試乗!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

昨年、二輪免許の新規取得者数が14年ぶりにプラスに。最高峰の大型二輪免許の取得者も増。てなわけで、話題の大型マシンをジャーナリストの青木タカオがガチ試乗。その魅力と実力に迫った! 【画像】スズキ GSX-R1000Rとホンダ CBR1000RR-Rの細部 * * * ■最新スーパースポーツは少し前のF1マシン!? ――昨年、14年ぶりに二輪免許の新規取得者がプラスに。大型二輪免許の取得者も増えました。 青木 (拳を突き上げて)これから空前絶後のバイクブーム到来ですよぉぉぉ! ――(無視して)なんか大型バイクに注目のモデルが続々登場らしいスね? 青木 そうなんです! 7月30日にスズキ創立100周年を記念し、GSX-R1000Rに限定カラーモデルが発売されて早くも話題です。 ――ポイントは? 青木 ロードレース世界最高峰のモトGP参戦マシンであるGSX-RRのカラーリングをモチーフにしているんですよ。ファン垂涎(すいぜん)です! ――走りはどうスか? 青木 現行モデルは2017年に登場していて、サーキットでも一般道でもガッツリ乗りましたが、その走りをズバリ言うと速いのに扱いやすい。コーナーではフロントからグイグイ向きが変わっていき、フルバンク中もタイヤにしっかりとした接地感があって安心感が高い。 その上、精密な電子制御に守られているからサーキットでのアグレッシブなライディングも余裕を持って楽しめるモデルですね。 ――200馬力近く出るバケモノなのに乗りやすい!? 青木 ひと昔前ならパワーバンドっていうのが明確にあり、乗り手はそこを外さないように操作しなければいけなかった。でも、最新GSX-Rは全域でパワフル。仮にトップギヤ6速で1500rpmまで落としてもギクシャクせず滑らかに加速するんです。 本来、6速1500rpmってハーレーみたいな大排気量クルーザーじゃないと絶対に使えない領域なんです。そのスゴさをぜひ一度味わってほしいです。

【関連記事】