Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

車いすバスケ、資格回復を求める 10カ国の選手が声明、東京パラ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 パラリンピックの人気競技、車いすバスケットボールの出場資格問題で、来夏の東京大会に出場するカナダやドイツなど10カ国の選手が8月31日、国際パラリンピック委員会(IPC)に一部選手の資格回復を求める声明を発表した。  2012年ロンドン大会でカナダを金メダルに導いたボー・ヘッジズが代表者となり、障害クラス分けの見直しで出場資格を失った選手への対応に「基本的権利に反している」と再考を訴えた。  対象は障害の程度に応じた「持ち点」で比較的軽い4.0と4.5の選手。IPCは国際車いすバスケットボール連盟に選手資格の再審査を求め、9人が不適格、4人が保留となった。

【関連記事】