Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

富士通の世界最軽量13.3型は驚きの634g!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

 富士通クライアントコンピューティング株式会社(FCCL)は19日、個人向けパソコンのラインナップを刷新し、これに伴う新製品発表会を開催。 【この記事に関する別の画像を見る】  このなかで世界最軽量の「LIFEBOOK UH-X/E3」は、従来の698gという記録を大幅に更新した、638gを達成したと発表した。これは旧モデルの総重量のうち10%に近い軽量化であり、FCCLにとっても大きなチャレンジであった。  そして発表会の最後では、齋藤社長よりアップデートがあった。これによると、開発陣が最後まで粘った結果、さらにこの数値を「634g」(ムサシ)に更新した。これは、“武蔵”中原の開発陣が最後の最後まで粘って実現したという。 【11時52分更新】世界最軽量の重量を更新しました。  天板には従来のマグネシウム合金に代わるカーボンファイバーを採用することで、大幅な軽量化を実現。さらに、部品個々を見直し、1つあたり0.5g未満の軽量化を積み重ね、従来からさらに40以上の軽量化の項目を追加し、大幅な記録更新を実現した。  このほか、LANポートの小型化、電源入力をUSB Type-Cへ統一化を図ることなどで底面積の縮小も実現。その一方で、1.5mmのキーストロークの確保と、200kgfの全面加圧試験/35kgfの1点加圧試験、約76cmからの落下試験もクリアした堅牢筐体を実現している。  おもな仕様は、Core i7-1165G7、メモリ8GB、ストレージに1TB PCIe SSD、OSにWindows 10 Pro、液晶に1,920×1,080ドット表示対応13.3型非光沢IGZO液晶、Office Home & Business 2019などを搭載。10月30日発売で、店頭予想価格は22万円前後の見込み。

PC Watch,劉 尭