Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

洗面所台下の"ごちゃごちゃ"は100均グッズで解消できた!

配信

サンキュ!

洗面台下収納、どのように使っていますか?  洗面台下収納は、消耗品を入れたり洗濯用品を入れたりと便利な場所ではありますが、便利であるがゆえにどんどんものを入れてしまい、散らかりやすい場所でもあります。 今回は、すっきり片づく洗面台下収納について教えてもらいました。 【画像集】問答無用で捨てていいもの一覧!5 <教えてくれた人>福田由季子さん…IT系・金融系の会社を経営する2児の母。子どもの習い事をきっかけにメンタルトレーニングに興味を持ち、銀座コーチングスクール認定コーチの資格を取得。キッズアスリートのスポーツメンタルコーチとして活動しながら、主婦目線で暮らしがラクになるアイデアも発信中。

洗面台下収納はなぜ散らかる?

整理しても整理してもすぐにものがあふれてしまう洗面台下収納。便利なはずの場所なのに、なぜすぐに散らかってしまうのでしょうか。その原因を考えてみました。

消耗品が多いから

洗面台下収納は、洗剤や掃除道具など消耗品のストックに便利な場所です。しかし、消耗品はそのときにより数や量、形が変わるため収納が固定されず、せっかくきれいに入れてもしばらくすると入らなくなるということが起こりがち。 そして散らかっているため残量を確認できず、ダブり買いをしたり気づいたらストックを切らしていたりということもよくありました。

毎日使うこまごましたものが多いから

わが家の洗面台下収納には、洗濯ばさみなどこまごましたものが入っています。以前はそれらを「だいたいこのあたり」と収納場所を曖昧に決めて片づけていたため、毎日出し入れしている間に収納がくずれてしまっていました。使う頻度の高いものほど収納がくずれやすく、一度散らかり始めるとどんどん散らかっていくと感じていました。

位置が低くて中途半端にスペースがあるから

洗面台下収納は、低い位置にあります。開き戸タイプの場合は屈まなければならないため使いづらく、とくに奥のものが取り出しにくい構造になっています。中途半端に高さと奥行きがあり、中にパイプが通っているため収納を配置しづらいというのも、散らかる原因の一つになっています。

【関連記事】