Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

感染・死者ともASEAN最悪に インドネシア、コロナ拡大でも規制緩和の愚策

配信

ニューズウィーク日本版

感染拡大が悪化していても規制緩和を強行する愚かな政治家がアジアにも

東南アジア諸国連合(ASEAN)の大国インドネシアが新型コロナウイルスの累計の感染者数で6月17日に4万1431人となり、これまで最多だったシンガポールの4万1216人(17日)を抜いて域内最悪を記録する事態になった。新型コロナによる死者でもインドネシアは2276人(17日)となっており、これは2番目に多いフィリピンの1108人(17日現在)の約2倍で4月中旬以降最多記録を更新し続けている。【大塚智彦】 シンガポールは、パキスタンやバングラデシュからの労働者がいる宿泊施設や寮で集団感染が続いており、感染者数はASEAN域内で最多の状態が続いていた。しかし医療体制の充実や「サーキット・ブレイカー」という政府の徹底した封じ込め作戦がそれなりに機能しており、これまでの死者数は「26人」と極めて少ない。 一方、新型コロナによる感染者数、死者数が右肩上がりで増加し続けているインドネシアだが、なかでも首都ジャカルタは同じジャワ島の東ジャワ州についで国内で2番目に感染死者数が多く(17日の時点でジャカルタ563人、東ジャワ州651人)、感染者数では東ジャワ州(8533人)を上回る9439人を記録。感染者数で国内1位、死者数で同2位となっている。 ジャカルタは最近、1日の感染者数が前日比で約100人のペースで増加を続けている。16日から17日かけては217人の増加と一段と数が増えている。 そうした実状にも関わらずジャカルタでは4月10日以来続けてきた「大規模社会制限(PSBB)」と呼ばれる都市封鎖が6月4日以降、実質的に緩和されつつある。こうした医療関係者などの「時期尚早」論を無視した形の緩和が、ASEAN域内最悪の感染拡大につながったとみられている。 ジャカルタのアニス・バスウェダン州知事がPSBBの実質的緩和に踏み切った背景には極めて政治的な理由があるとされているが、増加の一途をたどる感染者の数字を突きつけられても「事態が悪化すれば緩和を再考する」と口では言いつつも緩和策を撤回する姿勢をみせていない。

【関連記事】