Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新婚夫婦にとって、おうち時間は幸せのかたまり…?

配信

CanCam.jp

新型コロナウイルスの感染拡大防止で増加したおうち時間。普段は仕事が忙しくなかなか一緒にいられない夫婦も、現在は共に過ごす時間が増えているのではないでしょうか? かえってケンカが増えた、ストレスがたまるなどの声も聞こえてきますが、新婚夫婦は幸せを感じている人も多いはず…? 1日10分で脂肪燃焼!「なわとびダイエット」の効果がスゴい 今回は、新婚夫婦の花嫁783人を対象に「おうち時間が増えたことによる夫婦関係の変化」について調査しました。

8割がパートナーと過ごす時間が増えて「うれしい」と回答!

まず始めに「パートナーと過ごす時間が増えてうれしいですか?」とストレートに聞いてみました。 8割が「YES」という結果に! 多いですね! やはり夫婦で過ごす時間が増えたことをうれしく思う女性が大半のようです。確かに、普段よりコミュニケーションが多く取れるのはいいことですよね。 一方で「NO」と回答した人も2割近くいます。一緒に過ごす時間が長くなるほど、些細なことで揉めやすくなるという人もいるのかもしれません…。 では、共に過ごす時間が増えてうれしいのはどんなときでしょうか? ■過ごす時間が増えてうれしい理由 ・今までは旦那が休みなく働いていたので、一緒にいられる時間が夜だけだった。 ・ご飯を毎日一緒に家で食べられるようになった。 ・夫が子どもの世話をしてくれるようになった。感謝しかない。 ・旦那さんが家事を手伝うようになり、大変さを知ってもらえた。 ・忙しくてできなかったことにお互いがチャレンジできる! ・スキンシップや話す時間が増えた。 ・お互いの大切さが実感でき、延期になった結婚式に向けて準備を進められた。 というような声が寄せられました。多くの前向きな意見が寄せられました。

一緒の時間が増えたからこそ、ストレスも

夫婦ですごす時間が増えたからこそ感じるストレスもまたあるんです。 ■過ごす時間が増えてうれしくない理由 ・夫がリビングで仕事をしていて少し邪魔。 ・家事を手伝わず、ゲームか寝ているかのどっちか…。 ・お互い出張が多く、こんなに一緒にいたことがないので疲れる。 ・1人でゆっくりする時間が取れない。 ・外に出れないストレスでイライラして些細なことでケンカになってしまう。 家事を手伝ってくれないことにイライラを感じたり、逆に疲れるという声も。1人の時間もあってこそ、いい夫婦関係が保てるという人もいるようです。

【関連記事】