Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブリーチの神様・美容師 jooji が命を削り、創り上げた理論にここに! 「joojiでなければできないだろうと思うくらい努力していましたね」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

 美容業界でブリーチの神様と呼ばれ2017年惜しくも病によってこの世をさった美容師・jooji。 そんな志半ばでこの世を去ったjoojiの想いを一冊の本にまとめた『jooji bleach on color』通称“jooji本”は2018年に数量限定で出版され、いまや入手困難な幻のブリーチ本となっている。  2020年、ブリーチ技術が美容師の普遍的技術となりつつある時代に、命を削り、美容人生の全てをブリーチオンカラーへの情熱に注ぎ込んだ「jooji」の想いや技術を伝えるべく、“jooji本”を再編集し、再び全国の美容関係者に届けたいと【『jooji Breach on Color』復刊プロジェクト】が始動。  今回はjoojiの理論を残したいという強い意志のもと、本プロジェクトの発起人であり、joojiの妹・松岡慶子さんに話を訊いた。 この記事の写真はこちら  jooji 氏がブリーチオンカラーの専門家として10年もの歳月を費やして蓄積された独自のブリーチ理論。  どんな色でも自在に表現できる技術力の高さから「塩基性カラーの魔術師」と称された jooji 氏は、10年にも及ぶ歳月をブリーチオンカラーの専門家として活動し、数千人の髪にブリーチや、オンカラーを施術するなかで蓄積された膨大なデータを基に、独自のブリーチオンカラー理論を確立。  彼のカラー作品は、サイモン・エリス(元ヴィダルサスーン総責任者、現シュワルツコフ インターナショナルクリエイティブディレクター)をして「ヨーロッパの大きなヘアショーのレベル」とまで言わせしめるほど。サイモンは jooji氏 の死に対し「日本の美容を進化させるチャンスだったのに」とその死を悼んだという。   2017年8月に死してもいまなお『ブリーチの神様』(中村太輔氏)や『ブリーチ界の天才児』、『ブリーチの魔術師』など彼を称賛する声はやむことがない。  ブリーチを難しくとらえすぎ、失敗を繰り返し続けた過去の自分への戒めとして、jooji 氏は常にシンプルに、わかりやすく、誰もが使いこなせるように、ブリーチやブリーチオンカラーの独自の理論を精査し、体系づけた。  私たちは、jooji 氏が美容人生そのものをかけて追求し、そして体系化したブリーチオンカラー理論と、その理論により生み出された作品を一冊の本としてコンパイル。ブリーチ専門家としての使命を自らに課し、「継承、伝達、育成」をテーマに、死の直前まで「次世代へと繋がるカラーの研究や確立」を目指したjooji 氏の思いを、より多くの美容関係者へ伝えていきたいと考え、編まれた伝説の一冊がここに復刊する。【『jooji Breach on Color』復刊プロジェクト】が始動。   ■今こそ気づいた“偉大さ”と“繋いでいきたい”兄の理論~実妹が語る~   ──2018年に数量限定で発行された jooji さんの想いを一冊の本にまとめた『jooji bleach on color』はjoojiさんのカラーの対する“好きだという想い”“純粋な気持ち”“努力に努力を重ねたからこそ創出できた理論”が詰まっている内容ですよね 「こんなに好きなもの、自分を夢中にできるものを見つけられてうらやましいなと思いました。それをずっとあきらめなかったっていうのも。たからこそ、代わってあげたかった。今、兄が生きていれば、世界を舞台に活躍することも可能だったと、いろんな人から話を聞いて、多分、私はこの先生きていても、世界を見ることはできないと思うし、兄くらい自分を夢中にさせるものもない、そう思うと、代われるものなら、代わってあげたかったと、今でもときどきそう思います。その思いが、この本を作る原動力みたいなものになったとも思います。」   ──亡くなってから“すごさ”に気づいた。 「兄はずっとサロンワークにこだわっていて、美容師としてサロンワークを続けていくために抗がん剤の治療もせず、大阪、東京を行き来してましたね。兄が倒れたのもサロンで、下血しながらも、お客さんの予約が入っているからとフラフラになりながらサロンに行って、そこで倒れて。東京の病院に入院したんですが、頑なに関西に帰ろうとはしない。絶対に復帰する、という強い気持ちがあったんだと思います。結局、神戸の病院に転院することになったんですが、東京から連れて帰るときに、この人からサロンワークをとってしまったら、生きる希望そのものを奪ってしまうんじゃないか、サロンワークはできなくても美容に携わっていられるように、何かできることはないかなと、なにげなく兄に「ホームページ作ったろか?」と言ったら、思いのほか、兄が喜んで。そこから、毎日、兄とLINEをやり取りするようになって。ホームページの一部を作っては、兄にそれを送って。兄が「すごい! すごい!」って喜んでくれると、さらに、進化させて。仲が良かったのは最後のたった2週間くらいですが、あの2週間があったからこそ、亡くなってから、兄がどんな人生を歩いていたのか、何を考えていたのかを知りたいと思えたんだと思います。結局、ホームページは、兄が生きている間に完成させることはできなかったんですけど」   ──お兄さんが亡くなられた後に出来上がったものなんですね。 「そうです。出来上がったのは亡くなってから1か月後。どうしてもスマホサイトに合わせられなくて。URLは生前に取得していたので、亡くなってから兄の携帯を見たら、1日1回、そのURLを検索した履歴がでてきて。それが、すごく胸が痛くて。泣きながら、あのホームページは作りましたね。」

【関連記事】