Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韓国野球委員会の球場応援マニュアルに海外が関心

配信

中央日報日本語版

プロ野球の観客を迎えるのに先立ち韓国野球委員会(KBO)事務局が30日、新型コロナウイルス感染症対応第3次統合マニュアルを発表した。公共交通や映画館の利用よりも厳しい「球場距離」細部規則を作った。 KBO事務局は3日に始まる週末3連戦から観客の入場を認めることを目標に59枚分のマニュアルを作成した。球場と選手団に関する第1・2次マニュアルに続き、今回の観客入場ガイドラインは第3次マニュアルとなる。マニュアルによると、野球ファンはKBOが定めた「新型コロナ関連安全守則」に同意してこそ入場券を購入できる。これを違反すれば警告を受けたり退場させられることもある。世界的に関心を集めた「K-防疫」をスポーツ観戦に合わせて厳格に適用した。 入場券はクレジットカードを利用してオンラインでのみ購入できる。現場販売や現金決済はない。感染者が確認された場合に移動経路を把握するためだ。当分は球場の全体座席の30%まで観客の入場が認められる。すべての入場者は一行であても座席間の距離を守って座らなければいけない。一般席・テーブル席など座席の種類に関係なく適用される。芝生席、バーベキュー席、キッズゾーン、喫煙室など指定座席でない空間は運営しない。 入場者はマスクを義務的に着用しなければいけない。体温が37.5度以上なら入場できない。また観客席に食べ物を持ち込めない。マスク着用に支障がない範囲内で水や飲料に限り飲むことができる。KBOリーグ特有の熱情的な応援もできない。飛沫が心配されるかけ声や応援歌は自制するよう勧告している。ハイファイブなど身体接触がある応援も原則的に制限する。 厳格で詳細なKBOのマニュアルには海外スポーツリーグも関心を見せている。メジャーリーグ(MLB)と日本野球機構(NPB)もKBOの第1・2次マニュアルを参考にシーズン開幕を準備した。イ・ジンヒョンKBO事務次長は「第3次マニュアルは政府の防疫指針に基づいて安全に野球を観戦できるよう作成された。(無観客試合を進行中の)スペインプロサッカーなどが観客の入場計画を立てるためにKBOに第3次マニュアルを共有させてほしいと要請してきた」と明らかにした。

【関連記事】