Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ありがとうございます!とごめんなさい!」俳優雀士・萩原聖人、TEAM雷電を支えたファンに感謝のメッセージ/麻雀・Mリーグ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ」のTEAM雷電に所属し、俳優兼プロ雀士として活躍する萩原聖人(連盟)が、3月31日に自身のInstagramを更新。TEAM雷電が「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」で敗退したことを受けて、あらためてファンへの感謝の思いをつづった。 【映像】セミファイナル最終戦の模様  3月31日に全16戦が終了したMリーグのセミファイナルシリーズ。TEAM雷電は奮闘およばず、6位で敗退となった。昨シーズンの7位に続いての悔しい結果を受け止めつつ、萩原は「とにかく、感謝、感謝、感謝!! それと、アベンジ出来ずに本当に心から申し訳なかったと言うこの2つに尽きます。ありがとうございます!とごめんなさい!」とInstagramにファンへのメッセージを掲載した。  ファイナル進出は叶わなかったものの、シーズンを通してチームが掲げる“面白い麻雀”を貫いた選手たちに向けて、ファンからは「ホントにお疲れ様でした!!」「最後まで一緒に戦いたかったですが、本当に本当に楽しく面白いシーズンでした!」「雷電の魅力的な麻雀に元気付けられました」「今年も面白い麻雀をありがとうございました!」とねぎらいのコメントが続出。また「今シーズンからMリーグを観戦するようになり、雷電ファンになりました!」「何故か応援したくなるんだよなぁ。チームワークもいいし」「サポーターになってよかったと思ってます」「萩原さんも瀬戸熊さんも黒沢さんも本当に大好きになりました!」など、TEAM雷電の選手と麻雀に魅了されたという声も続々とあがっていた。  「ファイナルに連れて行く事が出来ずに、本当にごめんなさい。そして、今期もチーム雷電を愛して下さって、本当にありがとうございました!!」と、熱い感謝の言葉で文を結んだ萩原。Instagramに寄せられた「雷電らしく攻めて、来季こそ!」「来年こそはファイナル……そして優勝!」「来季、ファイナルへ連れて行ってください」といったファンの願いに、来シーズンこそは結果で応えたいところだ。

【関連記事】