Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本田圭佑「誹謗中傷をするのは本能やから」だからこそ「教育が最も大事だと思うんです」切実な訴え

配信

中日スポーツ

 サッカーのブラジル1部、ボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑(33)が25日、自身のツイッターを更新。ネット上で横行する誹謗(ひぼう)中傷の解決策の一つとして、教育の重要性を説いた。  本田は「誹謗中傷をするのは本能やから」と受け止め、続けて「だから紛争をなくして平和を実現したり、いじめをなくしたりする為には教育が最も大事だと思うんです」と訴えかけた。  女子プロレスのスターダムに所属する木村花さん(享年22)が亡くなったことを受けた発言とみられる。  職業チャレンジャーを自称する本田は投資家、起業家、そして教育者としての顔を持っている。「世界中の子供たちがもっと夢を見ることのできる機会を与えるため」として、本田はウガンダ、ケニアなどアフリカ各地でサッカー教室を開き、カンボジアでは学校建設など教育を支援する活動を行っている。  本田は同日投稿した音声コンテンツ配信サービス「Now Voice」でも誹謗中傷に関する自身の考えを語っている。

【関連記事】