Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ACIDMAN大木伸夫、コロナ禍でも変わらぬ曲作り「人を感動させることに欲望」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 3人組バンド・ACIDMANの大木伸夫(Vo/G)が22日、THECOOによるオンラインセミナー『アーティストのファンとの向き合い方についてお伝えします!~アーティストとファンの適切な距離とは?』に出演。コロナ禍の影響や曲作りへの思いを語った。 ACIDMANの主な作品一覧  コロナ禍で曲作りやライブ活動で何か変化があったか問われ、大木は「僕が思っている思想などを作り続けているので、コロナ(の影響)で書く詞、メロディーは変わらなかった」という。「現代ではどうやったらヒット曲ができるのか」というテーマについて、「(自身に)ヒット曲を作る方程式はないが、アーティストはヒット曲を作りたいというのと、感動をつくりたいという2種類があると思う。僕は後者。僕は自分が最上級の感動を得ない限りみんなと共有はできない。人を感動させることに欲望がある。売ることについてはレコード会社の方に戦略プランを立ててもらって、僕は音楽をアートとしてやっている」と曲作りへの思いを語った。  オンラインセミナーにはエイベックス・マネジメントの執行役員本部長である都築裕五氏も出席。モデレーターはTHECOOのCEOである平良真人氏が務めた。アーティストとファンをつなぐコミュニティプラットフォーム『fanicon(ファニコン)』について紹介。アーティストによるライブ・ラジオ配信のほか、ファンだけが見られるタイムライン投稿などの機能を説明した。

【関連記事】