Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

痔かも? でも病院までいかなくても…放置するとどうなる?【医師が回答! 30代の痔】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

30代のお尻悩み&疑問に、医師がお答え! 今回は、痔の疑いを放置した場合、どうなっていくのかを伺いました。 【30代の痔のお悩み】どんな原因で痔になるの? 予防方法は? 専門医が回答します!

痔かも?でも病院に行くのはちょっと……。放置すると、どうなる?

【30代女性のお悩み&疑問】 ・「市販薬でセルフ治療しているけど、定期的に痛みが。病院に行かないと治らないの!?」 ・「酷い便秘の後、出血。一時的な痛みだからと我慢しているけど、だんだん出血の頻度も増えてきて心配。でも病院で肛門を医師や看護師に見せるのかと思うと勇気が持てずにそのまま放置。婦人科で見せるのはそんなに抵抗ないのですが……」 30代女子で悩む人も多い痔。痔をそのままにしておくとどうなるのか、専門医にお聞きしました!

医師のお答え!

【監修】寺田俊明先生 「寺田病院」理事長/院長/胃・大腸肛門病センター長 <プロフィール> 東京医科大学卒業後、三井記念病院(千代田区)外科研修医を経て亀田総合病院(鴨川)消化器科にて内視鏡をはじめ多種にわたる検査を習得。その後、 大腸・肛門病の専門病院である東葛辻仲病院(我孫子)にて肛門疾患の手術全般を学んだ後、寺田病院 副院長、胃・大腸肛門病センター長として赴任。現在、理事長・院長、胃・大腸肛門病センター長を兼任。

脱肛を指で戻したり、膿を自分で出すセルフケアでしのぐ人も多い

痔の自覚症状があっても、病院に行かずに放置する人が実は一定数います。セルフ治療で多いのが下記の3つ。 ・痔核(いわゆる イボ痔)……肛門の粘膜が外に出てくる脱肛が起こっても、自分の指で押し戻して対処。 ・裂肛(いわゆる 切れ痔)……市販の軟膏で切れている部分の炎症を鎮める。 ・痔瘻(いわゆる あな痔)……自分でたまった膿を出す。 このようなセルフケアでも我慢できてしまうことも多いのですが、そのまま続けていると症状が悪化する場合が多いので、きちんと肛門科を受診しましょう。

痔を放置すると、脱肛が頻繁に起こったり、便が漏れたりする場合も

・痔核(いわゆる イボ痔)……土砂滑りのようにズリズリと粘膜が肛門の外に出てくる脱肛が頻繁に起こるように。 ・裂肛(いわゆる 切れ痔)……肛門周辺が硬くなっていき、傷口も深く。肛門自体が狭くなり、さらに裂けやすくなる。肛門自体を手術で拡げないと排便が難しいというケースも。 ・痔瘻(いわゆる あな痔)……お尻の中に膿が通過するトンネルだらけとなるので、お尻の中が膿が通過するトンネルだらけとなるので、地盤沈下のような状態に。その結果、肛門括約筋が緩くなり、便が漏れてしまうことも。

女性医師のいる病院も。勇気を出して診察へ!

肛門科となると、どうしても肛門まわりを医師に見せることを恥ずかしく思って受診を敬遠してしまい、症状の悪化をたどる人が少なくありません。現在の診察では、赤ちゃんを産む時のような体位をとることはほぼなく、抵抗を感じにくい、横向きに寝転んだ側位姿勢で診る場合が増えています。また、女性専用外来を開設している当院もそうですが、女性医師のいる病院も増えています。お近くの病院に女性医師がいるかどうかを調べてみるとよいでしょう。 痔の放置で恐ろしい状態になることも……! きちんと肛門科を受診して、早めの治療を。 取材・文/櫻木えみ 企画/斉藤壮一郎<BAILA>

【関連記事】