Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

井上尚弥は「No.1ブレイク選手」 リング誌編集長が認定「PFPトップ5には理由がある」

配信

THE ANSWER

読者からのQ&A企画で井上を一押し

 新型コロナウイルスの感染拡大で、ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦は延期となっている。パウンド・フォー・パウンド(PFP)で世界3傑に選出されている実力者の井上に対し、ボクシング専門誌「ザ・リング」のダグラス・フィッシャー編集長は「近年のNo.1ブレイク選手」と評価している。 【動画】「凄い、完璧なタイミング」と驚愕! 体勢を崩した相手に右拳を…英記者が公開、井上尚弥がスパーで奪った“強烈ダウン”の動画  リング誌毎週恒例のQ&A企画で、フィッシャー編集長に読者からこんな質問が届いた。 「以下に挙げた最近ブレイクした5人のうち、最も功績を成し遂げたのはどのファイターですか? 実績に加えて、この先5年間のスター性も考慮してください」  WBAスーパー&IBF世界スーパーライト級王者ジョシュ・テイラー(英国)、IBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)、WBC&IBF世界ライトヘビー級王者のアルツール・ベテルビエフ(ロシア)、WBAスーパー&IBF世界スーパーバンタム級王者ムラドジャン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)とともに、井上の名前が挙がった。  フィッシャー編集長が選んだのはモンスターだった。 「私はイノウエと言いたい。この5人の中でここまで最も多くを達成している。彼はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で将来の殿堂入り選手(ドネア)を倒した。2つのメジャー団体とリング誌のチャンピオンベルトを持っている。そして、2019年のリング誌の年間最優秀ファイターの1人だった。日本のスターが全ての人間のPFPトップ5に選出されるには理由があるのだ」

「しかしながら、モンスターのリミットはバンタム級という気がしている」

 バンタム級で4団体統一を目指し、カシメロと3団体統一戦を戦う予定のモンスターだが、バンタム戦線の先に待ち受けているかもしれない。 「しかしながら、モンスターのリミットはバンタム級という気がしている。彼は122ポンド(スーパーバンタム級)や126ポンド(フェザー級)で108ポンド(ライトフライ級)や115ポンド(スーパーフライ級)、118ポンド(バンタム級)のような無双はできないかもしれない。様子を見てみよう」  惑星一のパンチャーと称されるモンスターだが、スーパーバンタム級やフェザー級に転級時には階級の壁に阻まれるかもしれないとフィッシャー氏は分析。118ポンドで井上が依然と変わらぬ無双ぶりを続けるのか、注視している様子だった。

THE ANSWER編集部

【関連記事】