Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

毎日数分でOK! 「読書」がもたらす6つのメリット

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

読書は、ストレスが減少したり、他人の感情を読み解くスキルが身に付くなど、そのメリットを知れば知るほど、あなたも衝撃を受けるはず! 今回は毎日数分の読書がもたらす6つのうれしい効果をご紹介。

1.読書は脳を活性化させる

『ダ・ヴィンチ・コード』を読むと、まるで自分がローマ通りを走るロバート・ラングドンになった気分になり、『ジュリー&ジュリア』を読べば、料理研究家のジュリア・チャイルドが作るビーフ・ブルギニョンの香りに突然包まれる。実はこれ、あなたの頭の中だけで繰り広げられていることではない。 読書は、まるで自分が体験しているかのように、脳の神経領域を刺激する。例えば、スペインの研究者は、「シナモン」という言葉を読むことで、嗅覚に関わる脳の領域を活性化させることを発見した。

2.小説は、他人への理解力を深める

「遺伝学に関する本を読めば、遺伝子について学べます。フィクションは、他人とあなた自身を、つまり、人について学べるのです」と話すのは、著書『Such Stuff as Dreams: The Psychology of Fiction』を執筆した小説家であり、トロント大学の認知心理学の名誉教授、キース・オートレイ博士。なぜなら、読書は他人の思考や感情にどっぷりと浸れるユニークな機会を与えてくれるから。これにより、共感能力やソーシャル・スキルが向上すると科学で証明されている。 共感力を磨くには、「単にストーリー重視のものではなく、恋愛小説や推理小説のような文学作品がおすすめです」と、オートレイ博士。

3.本は幸福感を増幅する

幸せの秘訣はお金ではない。であれば何? 人生経験はモノよりも人を幸せにすると過去の研究で示されている。また、消費者心理学専門誌『Journal of Consumer Psychology』に掲載された最近の研究によると、本のように、人生経験を創造したり向上するために作られた経験型の商品(スポーツ用品やビデオゲーム、楽器も含まれる)は、幸せを増幅させることが証明されている。 さらに読書は、充足感を満たしてくれる。北テキサス大学が行った研究によると、読書をして新しいことを学び続けている高齢者は、自分たちの人生により満足していることがわかった。

【関連記事】