Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

公社・団体に38人再就職

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
山形新聞

 県は9日、2019年度末などに退職した幹部職員の再就職状況(7月1日現在)を公表した。19年度末退職者のうち、県関係の公社・団体などに再就職したのは38人で全体の43.7%に当たる。  県人事課によると、19年度末に退職した課長級以上の職員は87人。部長級は8人が退職し、6人が県関係の公社・団体などに再就職した。佐々木昭喜企画振興部調整監兼次長はフィデア情報総研理事に就き、残り1人は県非常勤職員として再雇用された。  次長級は18年度末退職者を含む再就職者19人のうち、16人が公社・団体などに就職し、再雇用は3人だった。課長級は同じく再就職者50人のうち、22人が公社・団体に、5人が企業に再就職し、23人が再雇用された。課長級以上で企業に再就職したのは全体で6人となり、前年同期よりも5人減った。 【県幹部職員の主な再就職先】 (敬称略、かっこ内は退職時の役職。退職後2年以内の再就職も含む)

◇部長級  ▽フィデア総研理事 佐々木昭喜(企画振興部調整監兼次長)  ▽県住宅供給公社専務理事 佐藤仁喜弥(防災くらし安心部長)  ▽県商工会連合会専務理事 太田宏明(環境エネルギー部長)  ▽ふるさと山形移住・定住推進センター専務理事兼事務局長 駒林雅彦(農林水産部長)  ▽県産業技術振興機構専務理事兼事務局長 佐藤岳(会計管理者兼局長)  ▽県信用保証協会理事長 沼沢好徳(庄内総合支庁長)  ▽県立保健医療大教授  石川仁(庄内総合支庁医療監兼庄内保健所長) ◇次長級  ▽県産業技術振興機構理事兼振興部長兼コーディネート室長 山川秀秋(職員育成センター所長)  ▽県共同募金会事務局長 嶋貫修(総務部参事)  ▽県公立大学法人参与兼キャリア支援センター副センター長 布施信男(健康福祉部参事)  ▽県商工会連合会参事 加藤秀一(こども医療療育センター事務局長)  ▽放送大学学園山形学習センター事務長 斎藤真幸(商工労働部参事)  ▽JA山形中央会地域・担い手サポートセンター上級アドバイザー 今田邦信(農林大学校長)  ▽JA全農山形監理役 須藤佐蔵(農業総合研究センター所長)  ▽JA全農山形監理役 嶋津誠(農業総合研究センター所長)  ▽県土地開発公社理事兼事務局長  奥山卓郎(村山総合支庁西村山地域振興局長)  ▽鶴岡市新規就農者研修受入協議会シニアアドバイザー 結城和博(村山総合支庁農林技監)  ▽県身体障害者福祉協会県立点字図書館長 福田香(置賜総合支庁保健福祉環境部長)  ▽県住宅供給公社まちづくり推進監兼まちづくり推進課長 佐藤茂彦(置賜総合支庁建設部長)  ▽県建設技術センター技術調整監兼副所長 鈴木隆(企業局参事兼電気事業課長)  ▽恩賜財団済生会山形済生病院診療顧問 間中英夫(中央病院副院長)  ▽寒河江市西村山郡医師会総合健診センター所長 太田郁郎(河北病院副院長兼医療安全部長)  ▽県母子寡婦福祉連合会事務局長 鈴木仁(労働委員会事務局長)

【関連記事】