Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジュエリー級の美しさ 大人のための夏パフェ | パティスリィ アサコ イワヤナギ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Forbes JAPAN

先日、女性誌の撮影現場で、業界のスイーツ王子と名高いカメラマンとはじめてご一緒した。「どこが美味しかった」「落ち着いたら今年もあそこに食べに行きたい」など現場でスイーツ談義に花を咲かせていたのだが、「いますぐにでも食べに行くならここ!」と意見が一致したのが、今回紹介する店である。 世は一大パフェブーム。昔ながらの喫茶店、ファミレスで提供されるイメージが強かったパフェは、専門店も確実に増え、舌の肥えた大人たちでも満足する上質なスイーツに進化し続けている。 その火付け役となったのが、世田谷区の等々力にある「パティスリィ アサコ イワヤナギ」だ。東京のパフェ文化の中心にある店である。 究極の選択を迫るペシュとエテ ケーキ、焼き菓子、クレープなどどれも絶品揃いではあるが、パティスリィ アサコ イワヤナギの代名詞といえば、やはりパフェだ。子どもが思い描くようなプロトタイプの「甘くて可愛い」だけのものではない。大人だからこそ楽しめて、味わえるタダモノではないパフェが提供される。 旬のフルーツを惜しみなく使うため、パフェのメニューはシーズンごとに変わる。ジュエリー級の見た目の美しさはもちろん、味のバランス、クリームやソルベとの調和など、グラスの中に並々ならぬこだわりがぎっしり詰まっている。 今季のパフェを1点ずつ紹介していこう。 まずは「パルフェ ビジュー(R)ペシュ」。桃づくしのジューシーなパフェだ。「日川白鳳」「加納岩白鳳」「浅間白桃」など、時期によって最高の桃を厳選。しかも、パティスリィ アサコ イワヤナギがこれらの桃に合わせた食材は「わさび」だ。 ミルクジェラートとミルクブラマンジェにわさびを加え、辛さは抑えつつも、味の印象はまろやかに。全体のバランスとして、花のような華やかな香りが口の中に広がる。さらに、すだちのマリネやソース、レモンのジュレなど柑橘系の酸味もあわさることで、未知のマリアージュが待っている。 もう1品のおすすめが、「パルフェ ビジュー(R)エテ」だ。エテ(夏)という名にふさわしく、スイカ、マンゴー、パイナップル、パッションフルーツなど、夏のフルーツオールスターズで構成されている。が、そこはパティスリィ アサコ イワヤナギ、想像の「斜め上」を行く提案をしてくれる。 スイカのソルベと合わせたのは、アボガドジェラートというあまり見かけない組み合わせ。さらに、ディル、セージ、セルフィーユ(フレンチパセリ)といったハーブなどをアクセントにしている。 このパルフェ ビジュー(R)ペシュとパルフェ ビジュー(R)エテ、どちらも想像を超える組み合わせ。店内で食べる際は、究極の選択をしなくてはならないだろう。

【関連記事】