Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

追悼、三浦春馬さん その輝きは永遠に……

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第875回】 シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

2020年7月18日に30歳という若さで死去した、三浦春馬さん。 映画・ドラマ・舞台など俳優として幅広く活躍し、その実力と魅力は年を重ねるごとに増すばかり。これからがますます楽しみな俳優さんのひとりでした。そんな彼の突然の死は、日本のみならず海外にも衝撃を与え、いまも多くの人が哀悼の意を捧げています。 この連載でも「いつか三浦春馬さんの出演作をご紹介できれば……」という思いがありましたが、まさか「追悼」という形で実現することになるとは思いもよりませんでした。 そこで今回は、日本の俳優界において、かけがえのない存在としての三浦春馬さんを偲びつつ、代表的な映画出演作5タイトルを振り返りながら、その輝かしい軌跡を辿って見たいと思います。

『キャッチ ア ウェーブ』屈託のない笑顔とキラキラした瞳は変わらず

まずは、初主演作となった『キャッチ ア ウェーブ』。湘南を舞台に、落ちこぼれ高校生たちがサーフィンと恋を通じて成長して行く様子を爽快に描いた青春映画です。 水中撮影などを駆使し、サーフィンの魅力を余すところなくとらえた映像は迫力満点。本格的なサーフィン映画としても注目を集めました。 この映画がきっかけでサーフィンと出会い、夢中になって行ったという三浦春馬さん。自身のSNSには波乗りショットが度々アップされていたので、ご存知の方も多いかも知れませんね。 いま本作を見ると、まだ声変わりする前の三浦さんの姿は初々しい限り。そして屈託のない笑顔とキラキラとした瞳の輝きは、当時から変わっていないと気づかされることでしょう。

『君に届け』イケメン俳優がみせる正統派の輝き

続いては、椎名軽穂による人気コミックを実写映画化した『君に届け』。素直で純粋ながら見た目が暗いために孤立しがちな女子高生と、クラスの人気者との交流を描いた学園青春ドラマです。 本作で三浦さんが演じたのは、クラスの人気者・風早翔太。明るく爽やかで、誰にでも分け隔てなく接する優しさに満ちたキャラクターは、まるで三浦さんの人柄をそのまま映し出しているかのよう。 ダブル主演を務めた多部未華子さんとは、ドラマ「僕のいた時間」(2014年)、映画『アイネクライネナハトムジーク』(2019年)でも共演。約4年ごとの共演について「まるでオリンピックカップルみたい!」と、ファンの間でも話題となりました。 さらに4年後、お二人の4度目の共演は叶わない夢となってしまい、惜しまれるばかりです。

【関連記事】