Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

iPhone 12シリーズの全4機種の5Gに2つバージョン? 廉価モデルでも高速か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 Appleが今秋リリースすると言われるiPhone 12シリーズの全4機種が5Gに対応すると言われているが、それぞれに低速な5Gと、より高速な5Gの2つのバージョンがある可能性が示唆されている。 【写真】iPhone 12に新たな色「ダークブルー」登場か ・「sub-6 GHzのみ」出荷後に「mmWaveとsub-6 GHz両方」を製造?  TF International Securitiesの著名アナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleの2020年内の見通しについて報告した最新の内容を『9to5Mac』が伝えている(参考:https://9to5mac.com/2020/09/14/kuo-5-4-iphone-12-to-feature-narrower-notch-power-button-touch-id-coming-to-more-ipads-in-2021/)。  クオ氏は、全4機種が5G接続仕様で「sub-6 GHzのみ」と「mmWaveとsub-6 GHz両方」に対応する2つのバージョンがあると予測する。「sub-6 GHzのみ」バージョン量産の開始時期については、iPhone 12が10月、iPhone 12 Maxが10月中旬、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxが10月下旬と予測している。  一方でクオ氏は「mmWaveとsub-6 GHz両方」バージョンの量産が開始する時期については、明言していないが「sub-6 GHzのみ」バージョンを出荷後になるとしている。  これまでは、ローエンドのモデルは「sub-6 GHzのみ」になると言われていた。それぞれのバージョンが、全ての地域で入手可能かについては、明言されていない。 ・5.4インチのiPhone 12のノッチが少し縮小?  iPhone 12(5.4インチ)については、ノッチが、わずかに狭くなるということも分かった。  クオ氏は、6.1インチと6.7インチのモデルは、ノッチが現行iPhone 11のものと同じだが、5.4インチのiPhone 12については、画面上部の左右に情報を表示するために、わずかに狭いノッチになっていると予測している。  初期のリーク情報では「ノッチが縮小する」と言われていたが、最近になって「ノッチは小さくならず、スクリーンが大型化しているモデルについては、その分、小さく見えるだけだ」という報告も見受けられていた。  なお、iPhone 12シリーズは、iPhone 11よりバッテリー容量が小さくなり、リフレッシュレートが120Hzのディスプレイにすると、5Gに加えて電力消耗が激しくなることから、120Hzテクノロジーの採用を今年は見送るという。 ・例年のイベントで発表なしは“生産の遅れ”裏付け?  Appleが9月15日に行なったイベント「Time Flies」で、iPhoneモデルが登場しなかったということは、iPhone 12シリーズのラインナップが10月まで登場しないことを裏付けているようだ、と『MacRumors』は伝えている(参考:https://www.macrumors.com/2020/09/16/when-iphone-12/)。  サプライチェーン関係者や多くの報道が、iPhone 12シリーズが10月に登場すると述べている。  Appleは例年、秋に2つのイベントを開催することが多く、最初のイベントでは通常、新型のiPhoneとApple Watchが、2番目のイベントではMacやiPad Proなどのハードウェアがお披露目される。  新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの影響で製造が遅れていることを、Appleは異例ながら認めており、今年は、iPhoneを2つ目のイベントにずらすつもりのようだ。

Nagata Tombo

【関連記事】