Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【セントライト記念】手塚調教師、急成長ココロノトウダイで2週連続トライアル制覇だ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

◆第74回セントライト記念・G2(9月21日・芝2200メートル、中山競馬場)  菊花賞トライアルの第74回セントライト記念・G2(21日、中山=3着まで優先出走権)は、マルターズディオサを管理する手塚厩舎がココロノトウダイで“再現”を狙う。  ひと夏を越して成長したココロノトウダイが、菊花賞を目指して意気盛んだ。軽い骨折放牧明けで古馬とも初対戦だった前走の猪苗代特別が、好位3番手から直線で抜け出す横綱相撲で完勝。矢嶋助手は「自己条件であれば力は違いましたね。(丸山)ジョッキーは『もうちょっと』と言っていたけど、それも(さらに上を)期待している証拠」と手応えを口にした。  1週前追い切りは、美浦・Wコースでフィエールマン(5歳オープン)を2馬身追走からいっぱいに追って5ハロン65秒9―11秒8。1馬身遅れとG1馬に食い下がった。「柔らかみがあってフレッシュな感じでした。実も入ってきているし、いい意味でも落ち着きが出てきている」と、同助手は成長ぶりに目を細める。  先週の紫苑Sをマルターズディオサで制した手塚調教師には、2週連続のトライアル制覇が懸かる。春はG1の舞台に手が届かなかったココロノトウダイも、“上がり馬”らしく上昇曲線を描いている。「期待している馬。もう少しやれてもいいはず」と矢嶋助手。厩舎の勢いにも乗って、大仕事をやってのけそうな予感がする。(坂本 達洋)

報知新聞社

【関連記事】