Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東条英機「嫌われる勇気」欠いた悲劇~名課長は名社長ならず

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日経BizGate

 仕事ができて部下に慕われ、上司の非は遠慮なく指弾する。このため何度も左遷させられるが、そのたびに実力で本社に戻ってライバルに「倍返し」――。人気TVドラマ「半沢直樹」のストーリーではない。東条英機元首相(陸軍大将、1884~1948年)の若き日の軌跡だ。東条が多くの犠牲者を出した太平洋戦争を開始し、軍国主義のシンボルとして批判されるべきA級戦犯であることに変わりない。しかし30~40代の東条は名連隊長、名課長として知られていた。ビジネス現場の多様化が進む令和の企業トップは、細部も把握する名課長としての手腕も要求されるという。しかし名課長必ずしも名社長ならず。卓越した中間管理職だった東条英機の限界を、埼玉大学の一ノ瀬俊也教授に聞いた。

大正デモクラシーの空気を吸った「平民派」

 太平洋戦争中のよく知られるエピソードがある。1942年7月の朝4時過ぎ、東条は札幌の街で道ばたのゴミ箱から菜っ葉の切れ端をつまみ出し「この葉はまだ食えないのか」と傍らの男に聞いた。さらに民家の物置をのぞき込んで「去年の薪が残っているようなら、たき付けには不自由しないな」とつぶやいた――。戦時中に、たびたび東条は一般庶民の生活ぶりを視察した。見え透いた人気取り策として、やり玉に挙がることが多い。 一ノ瀬俊也・埼玉大教授 専門は日本近現代史。国立歴史民俗博物館助教などを得て現職。著書に「米軍が恐れた『卑怯な日本軍』」(文春文庫)「「東条英機」(文春新書)など。  しかし昔から現代まで、人気取りを考えなかった政治家はいないだろう。ポイントのひとつは、それがわざとらしい付け焼き刃の演技か、自然に行えるかだ。一ノ瀬氏は「東条は日常生活の延長線でゴミ箱視察ができる珍しい軍人だった」と評価する。  1910~20年代の大正デモクラシーに触れたことが、東条に大きな影響を与えたと一ノ瀬氏は分析する。東条の人生では20代後半から30代で、結婚、長男誕生、エリート登竜門の陸軍大学校受験、歩兵第1連隊長といった時代にあたる。大正デモクラシーでは第1次、2次護憲運動などを通じ本格的な政党内閣、普通選挙法が実現した。生活者としての東条は、嫁しゅうとの仲があやしくなるとあっさり両親と別居し、愛児のために貯金を積み立て、近所の住民と分け隔て無く雑談する平民派だった。この時期に日本社会に登場した、裕福ではないがしっかりした教育を受け、平等であることを尊ぶ「新中間層」であることが東条の原点とみる。  大正デモクラシーが与えた影響は小さくなかった。まず国民世論の力の大きさへの認識だ。第3次桂、清浦、第1次山本、寺内内閣などは世論の集中的な批判を浴びて退陣した。2つめは軍人軽視の風潮である。社会的なムードだけでは収まらず、俸給は長く据えおかれ、再就職先探しにも苦労するなど実生活にも不利益に働いたという。「世論を重んじ恐れる気持ちと、軍人が不当に蔑視されたという被害者意識は、東条の人生に色濃く残った」と一ノ瀬氏。エリート層を嫌い、嫌われた。

【関連記事】