Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

和田琢磨&佐野真白が「挑戦する気持ちで取り組んでいる」と語る、上演中の科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶(“綺伝 いくさ世の徒花”に取消線入る)。そこで魅せる“刀ステ”の新たな面白さ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エムオンプレス

大人気シリーズ、舞台『刀剣乱舞』(通称・刀ステ)最新作の幕が上がった。昨今の状況を鑑みて、科(しぐさ)と白(せりふ)による“科白劇”となった今作。タイトルは、科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶(“綺伝 いくさ世の徒花”に取消線入る)。物語の舞台は歴史改変された“慶長・熊本”。「放棄された世界」で戦う刀剣男士たちの姿を描く。 公演は8月2日(日)まで品川プリンスホテル ステラボールにて、8月4日(火)~9日(日)は日本青年館ホールにて上演予定。大千秋楽公演はDMM.comにて独占ライブ配信が決定している。様々な配慮のうえで“新形態での演劇”をみせる“刀ステ”の戦いに注目だ。 【詳細】和田琢磨さん&佐野真白さんの撮り下ろし写真 今回、隊長を務める歌仙兼定 役・和田琢磨と、にっかり青江 役・佐野真白にインタビュー! 和田を“琢ママ”と慕う佐野と、佐野に「出ハケの場所を聞いている」と頼りにする和田。微笑ましい関係性のふたりが、開幕間近に“刀ステ”の見どころや意気込みを明かしてくれた。 取材・文 / 片桐ユウ 撮影 / 増田慶 ◆今回のこういう状況がなかったらやれなかったか、生まれなかったであろうアイデア ーー 全稽古を終えた翌日(※取材時)にお話を伺います。本来予定していた公演から“科白劇”に切り替わるなど変動も多くあるなかだったかと思いますが、お稽古の手応えは? 【 佐野真白 】 あります!! ーー おお、素晴らしい断言! 【 佐野 】 はい! それはもう、あります!……僕、“あります”しか言ってないですね(笑)。 【 一同 】 (笑)。 【 和田琢磨 】 ギリギリまで主催者の方々が、どうやってやるのかを検討してくださっていました。今回のこういう状況がなかったらやれなかったであろう演出ですとか、生まれなかったであろう仕組みのようなものも、脚本・演出の末満(健一)さんを中心に作品に取り組めたなと思います。 ーー 稽古場のブログ等を拝見していて驚いたのですが、皆さん“汗だくになっている”と。“科白劇”というものは、てっきり朗読劇のようなあまり動作のない舞台だと思っていました。 【 和田 】 そうなんですよ!「これは台詞を覚える必要がないぞ」とルンルンしていたのに、ところがどっこい! 【 佐野 】 ところがどっこい、ですね(笑)。 【 和田 】 稽古前に台本が送られてきたとき、「稽古初日までに覚えてください」とメッセージが付いていまして。「むむっ? 覚えてこいとは!?」と思ったんですよ。「今まで朗読劇で台詞を覚えたことはないけどなあ」って思っていたら……。なんなら、観終わったあとのお客様は「どこが“科白劇”だったの!?」と言われると思います(笑)。 【 佐野 】 いただいた台本自体は普通の演劇の台本という感じだったので、僕も最初は「これをどうやってソーシャルディスタンスを取りながらやっていくのかな?」と思いました。僕自身も朗読劇のように読み上げる形なのかなと想像していたので……。本当に、ところがどっこい! でした(笑)。 【 和田 】 今回はあらすじなども発表していないので、「何をやるんだろう」とお客様も楽しみに待ってくださっていると思うんですけど、「通常の“刀ステ”だったな」と感じる方もいらっしゃるのではないかなと思いますね。 ーー ということは、これまでの“刀ステ”のイメージと大きくは食い違わないものである? 【 和田 】 だと思います。稽古終盤、衣裳付きで通したときに舞台『刀剣乱舞』のプロデューサーの方々も観にきてくださったんです。そのときに「いつもの舞台『刀剣乱舞』に引けをとらない」……というと語弊があるんですけど、「いつもの舞台『刀剣乱舞』を観ている気持ちになれた、感動しました」というような言葉をかけていただいて。やっている僕らも所々不安な部分があったのですが、救われた気がしました。 ◆琢ママは、マリア様ですね! ーー 佐野さんは“刀ステ”シリーズ初出演ですが、これまでの作品はご覧になられていましたか? 【 佐野 】 はい! もちろん全部。ミュージカルも、映画も。 【 和田 】 んん!?(笑)ちなみに俺も映画に出ていたんだけど、知ってた? 【 佐野 】 知っていました。あの場面ですよね? 【 和田 】 あれだけの撮影だったんだからね! 【 佐野 】 しっかり見つけました(笑)。 ーー それだけ網羅されていた『刀剣乱舞』の世界に参加される喜びは? 【 佐野 】 ありましたね。出演が決まる以前から、それこそ“刀ステ”は5年前の初演のときからずっと目標であり憧れの舞台だったので、夢が叶った感じです。 ーー 飛び込んでみられたお気持ちは? 【 佐野 】 「これが舞台『刀剣乱舞』か……」って、しみじみしました。 【 和田 】 でもこの方はね、すごく肝が座っているんですよ。いろんなことに動じない。末満さんから演出上「もっとこうして」とか「ああして」とか言われたりするんですけど、理解が早いし、ちゃんと自分で飲み込んで身体で表現するスピードもすごく早い。一緒に出るシーンが多いんですけど、僕は出ハケとか全部、(佐野)真白に聞いてます! 【 佐野 】 あはは! たしかにそうですね。 【 和田 】 「次どこから出るんだっけ?」「次、こっちです」「ありがとう!」みたいな。 【 佐野 】 琢ママ(=和田)は出る場所がわからないと、とりあえずセンターから出ちゃうんですよ。 【 和田 】 そうね。センターに行けばいいと思っている(笑)。 【 佐野 】 それは間違いはないんですけど(笑)、結構イレギュラーなことも多いので。 【 和田 】 センターに行こうとすると「違うよ、違うよ」って(笑)。ほんと、しっかりしているので安心です。 【 佐野 】 いやいやいや! ーー おふたりともミュージカル『テニスの王子様』に出演されていましたが、シーズンは違うんですよね。 【 佐野 】 そうなんです。 【 和田 】 真白は3rdシーズンで、僕は2ndシーズンだったので。 【 佐野 】 僕からすると、もう……なんて言うんですかね。 【 和田 】 レジェンド? 【 佐野 】 そう、レジェンドですよ! 本当に。 【 和田 】 俺が言わせたみたいになっちゃったじゃん(笑)。自分から言って! 【 一同 】 (爆笑)。 【 和田 】 昨日、稽古場で一緒に写真を撮ったんですけど、「やったー! これでちょうど4年前の写真も載せられる」って言うんですよ。「4年前って何?」って聞いたら、僕が彼らの“ドリライ”(ミュージカル『テニスの王子様』コンサートDream Live 2016)に行ったときに写真を撮ったらしいんですね。僕はまったく覚えてなかったんですけど……(笑)。それも合わせてすごく喜んでくれて、嬉しいなって思いました。 【 佐野 】 そのときからずっと「うわあー!」って思っていた人だったので。今回ご一緒することになって、あらためて「存在するんだ!?」って思いました。 【 和田 】 神でしょ? 神降臨(笑)。 【 佐野 】 本当に神です! 【 一同 】 (笑)。 ーー そんな神に出ハケの場所を聞かれるんですね。 【 佐野 】 ささやきが聞こえてくるんです。「まし~ろく~ん。……次、どこだっけ」って。 ーー それは結構なギャップ感が(笑)。 【 佐野 】 ギャップは、まぁ……感じました! 【 和田 】 「こいつたいしたことないな」って?(笑) 【 佐野 】 いやいや、違います、違います! 僕は和田琢磨さんのことを“琢ママ”って呼んでいるんです。そのくらいお母さんのような感じがあって。ほんわかしてて、ニコニコしていて。その思い描いていたイメージそのままといえば、そのままの部分も大きかったです。 【 和田 】 うん、よく言われる。「裏表がない」って。 ーー では、裏表のない先輩として、ママとして、神として慕いつつ。 【 佐野 】 はい、マリア様ですね! 【 和田 】 聖母なんだな、俺は(笑)。 ◆お互いに信頼があるからこその関係性が出せる ーー そんなおふたりが演じる刀剣男士、歌仙兼定とにっかり青江は、今回の物語の中ではどんな立ち位置でしょうか。 【 和田 】 勝手にですけど僕の中の裏設定として、歌仙兼定が隊長で、にっかり青江が副隊長のようなイメージでいるんです。にっかり青江は物事を客観的かつ冷静に見抜く力が強い印象があったので、歌仙兼定のこともしっかりと支えているような感じがしています。 【 佐野 】 そうですね、にっかり青江と歌仙兼定のシーンがあるんですが、お互いに信頼があるからこその関係性が出せるのではないかと思います。 ーー 今回、にっかり青江は“刀ステ”シリーズ初登場ですが、どんな刀剣男士だと思いながら演じていますか? 【 佐野 】 にっかり青江って、本当につかみどころがなくて。そもそもの刀剣の逸話自体もいくつもあったりしますし。なので、お茶目な部分もあればキリッとしてクールなところもあり、余裕そうな表情を見せるときもあれば、必死に戦うところもある。ひとつに固まらず、作品の中でいろんな顔を見せられたらいいなと思いながら演じています。 ーー 歌仙兼定は、にっかり青江をはじめとする初登場の刀剣男士と絡むことによって何か新しい一面が出てきたりは? 【 和田 】 今まではどちらかというと率先して前を行く人についていって、時には客観的にものを言ったり助言をする立場が多かったんですけれど、今回は誰かから助言される、的確なことを言われるシーンが多いなと感じます。これまでよりも周りに動かされている印象がありますね。それと末満さんが稽古中におっしゃったのですが、今回の物語で出陣する刀剣男士は「エリート集団」だと。知的で、つかみどころもないけれども、芯があるという意味で我が強い。僕も末満さんの表現にとても納得したので、その部隊の隊長である、という意識が根底にあります。 ーー カンパニーの雰囲気はいかがですか? 【 佐野 】 僕はシリーズ初参加なので、琢ママ的に今回のカンパニーはどういう印象なのか気になります! 【 和田 】 今まで僕が参加させてもらった中では、一番シリーズの経験者が少なくて、初参加の方が多い作品なんだよね。だから僕は見守る立ち位置のような感じで、今回のメンバーは……梅津(瑞樹)くんを筆頭に皆さん人見知りキャラだなと(笑)。でも真白くんは、平気で大見(拓土)くんとかにも「おいっ!」って言えるから。 【 佐野 】 ちょ、ちょっと待ってください!! 【 和田 】 (笑)。率先して話しかけたりとか、積極的にいろんなところに声をかけたりだとかしてくれて、すごくいいバランスになっている気がしています。 【 佐野 】 いやいや、僕は皆さんに甘えさせてもらってます! 【 和田 】 それと、すごく真面目です。稽古が終わっても反復練習をしていたりもして、短い稽古期間の中でもみんな一生懸命やっていたので、そこは座長として本当に感謝していますね。 ーー 一緒にご飯にも行きたいけれども……という中かとは思いますが、稽古への姿勢をお互いに見て結束を強めてこられたんですね。 【 佐野 】 そう! いつか皆さんとご飯に行きたいです! 【 和田 】 奢ってあげたいんだけどねー(笑)。もぉ、ほーんと、いっぱい奢ってあげたいんだけど(笑)。 【 佐野 】 気軽に行けるようになったら、真っ先に連絡しますから! 【 和田 】 いいよ、いいよ! 絶対に行こうね。 ◆“演劇”のあるべき姿、原点に立ち戻ったような気持ち ーー あらためて、今回の“刀ステ”の魅力はどのようなところでしょうか。 【 佐野 】 “科白劇”というソーシャルディスタンスを取りながらのお芝居、殺陣にはなりますが、それを感じさせないくらいの迫力があります! 必ず魅入ってしまう作品だと思います。 【 和田 】 僕は今回の演出や、稽古を終えてみて、もう一度“演劇”のあるべき姿というか、原点に立ち戻ったような気持ちになっているんです。お客様に想像してもらう、そこにはないけどあるはずのものを、お客様が頭の中でパッと想像できるような作品になっていると思っています。でもそれは、僕らにも表現方法だったり、伝える気持ちがないとうまく届かない。それらがキッチリ噛み合ったときに、また新しい舞台『刀剣乱舞』の魅力が生まれると思いますし、「舞台って素敵だな」と感じられるような瞬間に出会える作品だと思います。 ーー 最後にお客様へメッセージをお願いします! 【 佐野 】 今回初めて“刀ステ”に参加させていただきますけど、“刀ステ”の世界で生きられることが本当に幸せです。開幕を楽しみに稽古をしてきましたが、距離をある程度取ってのお芝居なので、みんな必死に汲み取ろうとするんですよ。お芝居の意図とか熱とか、相手の目の動きとか。そういったことが「お芝居をやっているな」という実感にもなっているので、あらためてお芝居ができる喜びを深く噛み締めながら大切に演じたいと思います。 【 和田 】 今回はお客様も我々もソーシャルディスタンスを気にしながらの公演ですが、千秋楽は配信もありますから、劇場に行くのが少し不安な方にも映像でご覧いただけます。そして、今作では細川ガラシャ役で七海ひろきさんが女性として初めて“刀ステ”に参加してくださったり、いろいろ初めて尽くしの公演でもありますので、我々も挑戦する気持ちで取り組んでいます。そういう意味では、刀剣男士の新しい魅力や舞台『刀剣乱舞』のまた違った見方ができるんじゃないかなと思っています。今までずっと続いてきたシリーズをたくさん観られているお客様にも、今回初めて観るというお客様にも、我々の熱量を感じ取っていただけるような熱い舞台にできたらなと思っております。 ヘアメイク / 野口悠 小倉優美 和田琢磨&佐野真白が「挑戦する気持ちで取り組んでいる」と語る、上演中の科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶(“綺伝 いくさ世の徒花”に取消線入る)。そこで魅せる“刀ステ”の新たな面白さは、WHAT's IN? tokyoへ。

エムオン・エンタテインメント

【関連記事】