Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

好奇心養う、重度障がいのある子向けのテーマパーク

配信

オルタナ

障がいがある子どもや医療的ケアが必要な子どもたちの日常生活では、「ケア」が中心になりがちで、それ以外の経験の機会がどうしても少なくなってしまう現状があるといいます。 「遊び」を通じて、医療的ケア児や肢体不自由の子どもたちにも人と関わる機会や挑戦する機会、学ぶ機会を提供したいと活動するNPOがあります。(JAMMIN=山本 めぐみ)

子どもたちの「やってみたい!」を引き出す居場所

「laule’a(ラウレア)」は、誰もが自分らしく輝ける居場所をつくるために、身体に障がいがある子どもや医療的ケアが必要な子どもを対象とした放課後等デイサービス「遊びリパーク Lino’a(リノア)、以下『リノア』」を神奈川県内で運営するNPO法人です。 藤沢市辻堂の海の近くにある施設は、ガラス張りで外からも見える開放的な造り。300平米の広さには、大小さまざまな遊具が設置されています。 「テーマパークのように、子どもたちが『遊びたい』『やってみたい』とチャレンジしたくなる場づくりを意識しています」と話すのは、代表の横川敬久(よこかわ・のりひさ)さん(43)。「リノア」は、医療的ケアが必要な子どもや肢体不自由の子どもを持つ親御さんたちの「養護学校と家庭の往復で地域の人たちと関わる機会がないし、子どもを連れて遊びに行けるような場所も少ない。子どもたちがのびのび過ごせる居場所を作れないか」という声に応え、2015年にスタートしました。

「光遊びの遊具や、立ち上がる練習につながる器具だけでなく、15、6人ぐらいの子どもが一度に乗れる大きなトランポリンや、電動バイク、ゴーカート…。本当にいろんな遊具があります。障がい者を対象にした遊具だけではなく、ごく普通の一般的な遊具も揃えることを意識してきました。なぜなら『障がいの有無にかかわらず子どもたちが皆一緒になって遊べる居場所を作ること』が、私たちに求められたことだからです。障がいがあっても、工夫をすれば一般的な遊具でも楽しく遊べるようになります」 「障がいの有無で相手を特別扱いするのではなく、『やりたい』という気持ちをお互いが大切にしていける場にしたい。もちろん、障がいのある子に対して特別な配慮やサポートは必要ですが、必要以上にはサポートしないように気をつけています。サポートばかりしていると、子どもからどんどん経験の機会を奪うことになるからです」

【関連記事】