Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソフトバンク2年目のドラ2杉山が自己タイ157キロ! 剛球連発でKラッシュ

配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-楽天(8日、ペイペイドーム)  ソフトバンク・杉山が今季初登板で自己最速タイの157キロをマークするなど、1回無失点と好投した。 【写真】工藤監督の直接指導に杉山はこの表情  今季初昇格し、さっそく2点ビハインドの5回に登板。太田への初球156キロから持ち味の剛速球と縦スライダーで押し、外角低めの154キロで見逃し三振に仕留めた。  続く辰己には全5球ストレート、最後は外角低めの157キロで見逃し三振。ここから小深田にストレートの四球、鈴木大に中前打で一、二塁とされ森山投手コーチが駆け寄ったが、ブラッシュを最後は外角153キロで空振り三振に仕留めた。  三菱重工広島からドラフト2位で2019年入団。1年目の昨季は故障の影響もあって2試合登板にとどまった。今季2軍では4試合に登板し0勝1敗、防御率1・80。3日のウエスタン・広島戦(タマスタ筑後)で自己最速の157キロをマークするなど調子を上げていた。

西日本スポーツ

【関連記事】