Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

PSV堂安、新体制後の“不遇の理由”を現地番記者が指摘 「スペシャリストではない」

配信

Football ZONE web

PSV番記者のブーリンハ氏と元フローニンゲン強化部長のナイランド氏が議論を展開

 オランダ1部PSVの日本代表MF堂安律は、リーグ戦直近2試合で起用されたが、昨年12月にエルネスト・ファベル監督に代わって以降、我慢の時が続いている。サッカー専門誌「Voetbal International」のポッドキャストで、PSV番記者と元フローニンゲンの強化部長が日本人レフティーについて議論を展開。意見は大きく分かれている。  フローニンゲンの2年間でリーグ戦61試合14得点を挙げた堂安は、今季2試合に出場した段階で同じオランダ国内の強豪PSVへ完全移籍。新天地で公式戦25試合に出場して2得点を記録しているが、昨年12月16日にファベル監督体制となって以降は13試合中9試合(先発3試合)と出場機会が一気に減り、3月8日のリーグ第26節フローニンゲン戦(1-0)で約1カ月半ぶりの先発復帰となった。  サッカー専門誌「Voetbal International」はポッドキャストで、PSV番記者のレオン・ブーリンハ氏とかつて堂安をフローニンゲンにリクルートした元強化部長のハンス・ナイランド氏を迎えて、「PSVにとって貴重な戦力になるか」というテーマで議論を展開。マルク・ファン・ボメル前監督の下ではプレーの場が与えられながら、ファベル監督の下では出場時間は激減した理由について、両者は自身の見解を語っている。 「堂安はいろいろなことができ、中盤ではマルチタレントだがスペシャリストではない。攻撃面ではクリエティビティーや爆発力が乏しく、守備でも弱い部分がある。前線や中盤の選手たちと比べると全員の状態がいいのであれば彼は第一選択肢に入っていない状態だ」  このように堂安の課題を指摘するブーリンハ記者に対し、ナイランド元強化部長は「現在の状況は残念」としつつも、「堂安の状況は良くなると思う」と予測している。 「PSVに移籍する時も、オランダのトップでも大丈夫だと思っていたからPSVの人々にも大丈夫だとアドバイスしてた。どのタイミングで新しいクラブに行くかというのは選手の今後のキャリアに影響する。PSV自体がすごく大変なシーズンを戦っているなかで、新しい選手としてすぐにチームに馴染むことは難しい。それでも彼はすごくサッカーが上手いので私は心配していない。彼はオランダのトップクラブで活躍できるだろうし、技術面でもメンタル面でも大丈夫だと思っている」  ハイランド元強化部長はきっかけさえつかめば、活躍はできると太鼓判を押している。  新型コロナウイルスの影響で、オランダは直近2節分の試合が延期となり、今夏に東京五輪が控える堂安にとっては厳しい状況が続く。無事にパンデミックが収束し、リーグ戦が再開した際、堂安は再び出場機会を確保することができるだろうか。

Football ZONE web編集部

【関連記事】