Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「耳で楽しむNetflixとしてリスナーを引きつける」:BMWが ポッドキャスト でブランデッド「昼ドラ」を制作

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

流行は繰り返す。BMWの場合、それはポッドキャストのリバイバルだ。BMWは2001年にBMWフィルムズ(BMW Films)でデジタルにおけるブランデッドコンテンツ参入への先陣を切った広告主である。そして、同社が現在制作中のポッドキャストシリーズは、スポンサードコンテンツの黎明期を彷彿させる形式という。その形式とは、ソープオペラ(日本における昼ドラ)だ。 BMWが手がける新作ポッドキャストシリーズのタイトルは、『ヒプノポリス(Hypnopolis)』。ホープ・ライザーという女性主人公が殺人罪で有罪とされ、30年の睡眠刑から西暦2063年の世界に覚醒するという物語だ。しかし、彼女は自分の無実を信じており、真犯人たちが彼女の目覚めを待ちつづけいまも監視の目を光らせていると疑っている。真実を追うホープの物語は全6話の構成で、1話の長さは15分から20分程度。「BMW presents」というお決まりのフレーズ以外、全話を通じて同社の存在は匂わせる程度におさえられている。 「プロダクトプレースメントもないし、派手なマーケティングメッセージもない」と、BMWの広報担当者は話す。そのかわり、BMWへの言及は「秘密のヒント」として挿入される。この広報担当者によると、このヒントに気づくのは筋金入りのBMWファンだけだろうという。「このシリーズを通じて、未来における都市やモビリティの開発についてBMWのビジョンを示したかった」。

長尺のストーリーで注目を集める

ブランデッドポッドキャストは新しい潮流ではない。Slack(スラック)やマクドナルド、マカフィー(McAfee)から、ウェブアプリケーションを開発するベースキャンプ(Basecamp)までさまざまなブランドが独自のポッドキャスト番組を制作しているが、その成否はさまざまだ。だが、ほんの数例を除いて、フィクションやオリジナルストーリーに基づくポッドキャストはほとんど見られない。 広告主の関心は、ゲストへのインタビューというファクトベースのトーク番組に傾きがちだ。この種の番組は、有名な司会者を起用することでリスナーにインパクトを与えやすい。だがBMWはスタジオでのトークというフォーマットが飽和状態の市場で自分たちの作品に注目を集めるためには、長尺のストーリーに焦点を当てるべきだと考えた。その結果、同社はこの分野で定評のあるロバート・ヴァレンタイン氏を起用して、脚本の下敷きとなるオリジナルコンセプトの考案を依頼した。 「急成長するポッドキャスト市場で、典型的なアプローチによるブランデッドコンテンツを作っても、多くのリスナーを引きつけることはできない」。それはわかっていたと、BMWグループ(BMW Group)でデジタルマーケティングのグローバルヘッドを務めるヨルグ・ポーゲンポール氏は語る。「そこで我々はポッドキャストというメディアを耳で楽しむNetflixと位置づけ、娯楽性の高いフィクションシリーズを制作することにした」。 このシリーズが成功すれば、第2弾が後に続くだろうとポーゲンポール氏は言う。うまくいけば『ヒプノポリス』は、『チェンジング・レーンズ(Changing Lanes)』、『クリエイターズ・オブ・ア・ディファレント・ビート(Creators of a Different Beat)』、『クルチュアモビール(KulturMobile)』といったBMWの(ファクトベースの)オリジナルポッドキャスト番組群に名を連ねることになる。この4つの番組のうち一番人気は『チェンジング・レーンズ』で、10万人を超えるフォロワーがその人気を証明しているという。 同氏は、これらポッドキャストのコストについては言及を避けたが、テレビ広告を作るのに必要なコストに比べればその制作費は微々たる金額だ。実際、ポッドキャストエージェンシーのノヴェル(Novel)を創設したマックス・オブライエン氏によると、ブランッデッドポッドキャストの制作費は、1話当たり2000ポンド(約27万円)程度から、多いケースでも1万2000ポンド(約160万円)をやや超える金額という。

【関連記事】