Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「会社で30代社員が泣き出す」…上司が我慢する時代の働き方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

1990年代生まれの「ゆとり世代」も30代を超えた。いよいよ企業の中核を担うポジションが求められる年齢だ。「ゆとり教育」という言葉のイメージがあるものの、この世代の大学進学率は51%(2010年度)と他の世代と比較しても高く、個々のポテンシャルは十分に感じられる。彼らが管理職、役職へとステップアップしていくにあたり、企業としていかに上手くマネジメントできるかは、今後、一企業、一経営者にとってだけではなく、日本社会全体の成功のカギを握るであろう。

ゆとり世代は「褒めて伸ばす」子育てを受けてきた

褒められて育ったゆとり世代の若手社員は、どんな小さなことでもできたときには褒められるのが当然だと思っています。これは「褒めて伸ばす」子育ての功罪だと思いますが、褒められることに慣れていると、褒められなかったときに不満が出てくるようなのです。 逆にきつく叱られると、これにも慣れていないために、非常にショックを受けて泣き出したり、会社を休んだりする人もいます。大切に育てられて素直なのはよいのですが、一昔前の世代の常識からすると、繊細過ぎると感じることもあります。 なにしろ、最近の若手社員は、女性に限らず男性でもけっこうよく泣くのです。親身に相談に乗ると、感激して涙を流したりするし、厳しく叱ってもびっくりして涙を流します。本人も戸惑っているようです。これまでの人生で、真剣に人と対峙することが少なかったのではないでしょうか。 ともあれ、そんなゆとり世代には、よく気のつく両親の役割を、管理職が演じなければならないこともあります。仕事が終わったときには、どんな小さなことでも見つけては一言褒めておきましょう。 褒めるところがないときは「頑張ったね、ありがとう」だけでもかまいません。若手社員にヒアリングしたときには、成果には見るべきところがなくても、そこまでのプロセスを認めてほしいという声もありました。 ここでも「それは会社の上司の役割ではない」という声が聞こえてきそうですが、繰り返しになりますが、上司(管理職)の役割は、部下の士気を高めて仕事の質を上げることです。ただ褒めるだけで部下がやる気を出すのであれば、こんなに簡単なことはありません。褒めてもやる気を出さない人より、褒めるだけでやる気を出してくれる人のほうが、どんなに扱いやすいことでしょうか。 逆に、何かミスがあって叱責しなければならないときには、感情的にならないように注意が必要です。いわゆる「褒めて伸ばす」幼児の子育てでは、良いことだけを褒めて、良くないことは無視するようにといわれています。子どもの言動は親の注意を引くことが目的なので、良くないことに対して「怒り」で反応すると、それでもリアクションをもらえたことで目的を達成したと喜んでしまうためです。親にかまってほしくてイタズラを繰り返す子どもの姿は、誰しもどこかで思い当たるでしょう。 しかし会社においては、部下に悪いところがあれば、どうしても注意をしないわけにはいきません。無視をして、いつか本人が気づいて自ら改善するのを待つほど、仕事は悠長に回っていないからです。 そこで、何らかの改善を求めて注意をするときには、怒りなどの感情を表さないように気をつけながら、どこがどう良くなくて、次からはどのようにしてほしいかを淡々と具体的に説明します。よく「怒る」ことは感情で、「叱る」ことは理性だとする文章を見かけますが、ゆとり世代にとっては「叱る」でも十分に感情的に感じられるようです。「叱る」ことを意識しても言葉は強くなりがちなので、最初はできるだけ冷静に対応するようにしてみましょう。

【関連記事】