Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

第7世代iPadを「Surface化」するタッチパッド付きキーボード「COMBO TOUCH」を試す

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

iPadをノートPCのように使いたい人にとっては、タッチパッド(トラックパッド)付きiPadはベストな選択肢の1つ。ただ、タッチパッド付きキーボードを用意しているのは、iPad Proのみ。それも、価格3万円を超える「Magic Keyboard」を選ぶしかなかった……これまでは。 【全画像をみる】第7世代iPadを「Surface化」するタッチパッド付きキーボード「COMBO TOUCH」を試す そんななか、Magic Keyboardが用意されない指紋認証(Touch ID付き)iPadで、タッチパッド機能付きキーボードを実現できる製品が7月30日に登場する。ロジクールの新製品「COMBO TOUCH」だ。 発売前の先行レビューという形になるが、冒頭から一言でいってしまうと、これはなかなか良くできた製品だ。

Touch ID付きiPadをSurface化する社外キーボード

COMBO TOUCHは、iPad本体の保護カバーとキーボードがセットになった製品。なくしやすいApple Pencilを差しておけるペンホルダーも付いている。 見た目は同じだが対応機種によって型番が違い、 型番iK1057BK(予想実売価格2万円): 第7世代iPad(いわゆる、一番安価な現行モデル) 型番:iK1093BK(予想実売価格:2万円) 第3世代iPad Air iPad Pro 10.5インチ という2製品がある。 COMBO TOUCHには、これまでの社外品のキーボードとは大きく異なる点がある。iPadとの接続が一般的なBluetoothではなく、iPadの専用コネクター「Smart Connector(スマートコネクター)」なのだ。 これによってキーボード側のバッテリーが切れる心配がなく、動作に充電は不要。iPadとの接続は純正Smart Keyboardと同様、磁石で吸着しているだけなので着脱も容易だ。キーボードの質感は非常に高く、安物っぽさはまったくない(価格2万円の製品だから、そうでないと困る)。 キーボードのタッチにはかなりこだわりのある自分としても、開封してパタパタと叩いてみたレベルでもこれは期待できそうだ、という雰囲気だった。

【関連記事】