Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名曲散歩/LOOK『シャイニン・オン 君が哀しい』3歳からハスキー

配信

SmartFLASH

 東京・神田の古いビルの2階。そこには夜な夜な紳士淑女が集まり、うんちくを披露しあう歌謡曲バーがあるという。 今宵も有線から、あの名曲が流れてきた。 お客さん:お、このイントロは、LOOKの『シャイニン・オン 君が哀しい』。デビュー曲がバラードのロックバンドってなかなかいなかったよね。そして、ボーカル・鈴木トオルのハスキーボイスがたまらなかった。 マスター:ハスキーだけど、高音の伸びがあるという、独特の歌声だよね。この歌声、3歳のときには、すでにできあってたって知ってる? お客さん:3歳からハスキーボイスだったの? マスター:そう、実は彼の実家は自営業で忙しかったため、誰もかまってくれなかったという。ワーワー泣いているうちに声がつぶれてしまい、幼稚園に入った頃には森進一みたいになっていたとか。 お客さん:そんなに年季が入ったハスキーボイスだったのか。 マスター:この声がコンプレックスだったから、ボーカルはやってなかったんだって。『シャイニン・オン 君が哀しい』も、もともとは作詞・作曲の千沢仁が歌う予定だったんだけど、冒頭の「シャイニノーン!!!」が出なかった。 お客さん:ほうほう。 マスター:練習中になんとなく鈴木トオルが歌ってみたところ、そのキーが出たんだ。じゃ、そのままボーカルね、って決まったそうだよ。 お客さん:へー、知らなかった。 マスター:ところでLOOKには隠れたエピソードがまだあるんだけど、なぜバンド名が「LOOK」なのか知ってる? ヒントは4人組。 お客さん:LOOK……4人組? マスター:チョコレートだよ。 お客さん:チョコって、あの不二家の「LOOK」? 4つの味が楽しめる、あの「LOOK」? マスター:そう、あの「LOOK」。4人の血液型が全員違っていたことや、経歴、音楽的志向がバラバラだったことから、そう名づけたそうだよ。 お客さん:いいかげんなのか、熟考したのか、よくわからないけど、売れたら違和感ないね。  おっ、次の曲は……。 文/安野智彦 『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)などを担当する放送作家。神田で「80年代酒場 部室」を開業中(現在はコロナの影響で当面の間休業中) 参考:TOKYOMX『ミュージックモア』(2019年12月21日)/『昭和40年男Vol.41」(クレタパブリッシング)

【関連記事】