Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<ライブレポート>パノラマパナマタウン、再出発の気概を見せた配信ワンマン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Billboard JAPAN

 パノラマパナマタウンが、8月16日に無観客配信ライブ【PPT Online Live「On the Road」】を開催した。バンドにとって約7か月ぶり、活動休止&メンバー脱退後初となる今回のライブは、メジャーデビューを発表した思い出の地・新宿LOFTから配信された。 その他の画像  21時を少し過ぎた頃、フロアで円形に向かい合うメンバー4人が映し出され、岩渕想太(Vo./Gt.)の合図とともにライブはスタートする。オープニング・ナンバーは、4月に開催予定だった日比谷野音での主催イベントで1曲目に披露する予定だった「SHINKAICHI」だ。オーディエンスがいないからか、久しぶりのライブだからか、独特な緊張感が漂うなか、「Top of the Head」「フカンショウ」では、この7か月間で溜めてきたパワーを発散するかのように、力強い演奏を見せつける。「フカンショウ」は、これまでのライブでは終盤に演奏されることが多く、切り札的な印象があったが、そんな曲を序盤に持ってくるあたり、今回のライブは今までとは一味違う予感がした。  「新曲もたくさん持ってきてるので、今の俺達を見てもらえたら嬉しいなと思ってます」と軽い挨拶を挟んでから、野音ライブ前に制作された新曲「C’mon Future」を披露。小気味良いリズムとキャッチーなコーラスに乗せ、「かかってこいよ未来」と歌う姿は、見ていて痛快だった。また「C’mon Future」から間髪入れずに突入した「いい趣味してるね」からのセクションでは、重たいサウンドの楽曲が続き、ヒリヒリとした空気がフロアを包み込んでいく。  「Dogs」と「Rodeo」は、5~7月にパノラマパナマタウンのYouTubeチャンネルにて配信された、楽曲制作の過程を生配信する番組『PPT Online Studio』(以下PPTOS)にて制作された楽曲だ。フルバージョンは今回が初披露となる。制作過程を追っていると、いざライブで見る時には新鮮味がなくなっている可能性もあるのではないかと想像していたが、実際はむしろ逆で、聴き込んでいるからこそ小さなアレンジの変化に気付けたり、2番以降の展開の意外性にワクワクできたり、メンバーが対面して演奏しているからこそ出てくる“うねり”が感じられたり。得られる情報量が多いと、一回のライブでも楽しみが何倍にもなるのだ。  そんな『PPTOS』で制作された楽曲のなかでも「SO YOUNG」は、最もライブで映えた楽曲だった。「思うようにいかない毎日ですけど、『こんな日があったなあ』と懐かしくなる日が絶対来ると思ってます。『あの時恥ずかしかったなあ』とか『あの時あんなミスしたなあ』とか、ずっと青いのがいい。あらゆる人間が『SO YOUNG』」と岩渕が熱く語り、その後、メンバーが一斉にジャーンとブレイクをキメる。その一発が本当に強烈で、イントロで岩渕も「ライブがあってよかった!」と笑顔を見せていたが、あの瞬間、同じことを思ったオーディエンスも多かったのではないだろうか。  「不要不急だとか、やれ昼の街だ夜の街だとか、いろんなことに線が引かれますけど、俺はこれ以上線を引いてほしくない。ライブは日常だし、急だし必要だと思う。こんな日常が帰ってきたらいいなと思っています」と、改めてライブができることの喜びを語った岩渕。その後披露された「エイリアン」~「めちゃめちゃ生きてる」は、広義の“ライブ”に対する気概がガンガンに伝わってくる熱演だった。固定カメラには収まりきらないくらい各メンバーのモーションも大きくなっていき、衣装も汗でびっしょりになっていた。  結成して6年半、これまでの活動を振り返りながら、「全然見通しの良い道じゃないけど、俺らが間違いなく歩んできた道だと思ってます。色々ありましたけど、これが一歩目だと思ってますので、まだまだ道の途中だけど、これからもパノラマパナマタウンをお願いします」と挨拶。ラストは、ライブタイトルにも含まれている「On the Road」で、この日のステージを締めくくった。見通しの良くない道を歩んできたからこそ、彼らのサウンドには説得力がある。曲に込められた思いは、たとえオンラインであろうとも、画面の向こうのオーディエンスにちゃんと届いていたに違いない。 Photo:MASANORI FUJIKAWA Text:Mika Fuchii ◎ライブ情報 『PPT Online Live「On the Road」』 2020年8月16日(土)21:00~ 東京・新宿LOFT <セットリスト> 1. SHINKAICHI 2. Top of the Head 3. フカンショウ 4. C’mon Future 5. いい趣味してるね 6. Dogs 7. ラプチャー 8. Rodeo 9. パノラマパナマタウンのテーマ 10. ロールプレイング 11. SO YOUNG 12. エイリアン 13. 俺ism 14. MOMO 15. めちゃめちゃ生きてる 16. On the Road

【関連記事】