Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イチローが不滅の記録を打ち立てる。松井稼頭央は日本人内野手初のメジャー挑戦ーー日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2004年編】

配信

ベースボールチャンネル

 ついに7月開幕(日本時間7月24日か25日)が正式決定となったメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。 【写真】MLB、日本人で初めて〇〇したのは?<打撃部門>  一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川崎宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。  本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2004年編。

2004年シーズンOPSランキングトップ10

 2004年も、大差でバリー・ボンズ(サンフランシスコ・ジャイアンツ)が4年連続1位に輝く結果となった。同年は打率.362でナショナル・リーグ首位打者を獲得。1位と3本差の45本塁打を放ち、その実力を発揮した。さらには出塁率.609、OPS1.422と驚異の数値を叩き出し、未だに破られることのない歴代1位の記録を作った。  2位にトッド・ヘルトン(コロラド・ロッキーズ)、3位にアルバート・プホルス(セントルイス・カージナルス)と前年の2位と3位が入れ替わる形となり、4位はジム・エドモンズ(カージナルス)が続いた。  5位となったのはエイドリアン・ベルトレ(ロサンゼルス・ドジャース)だ。ベルトレは、両リーグトップの48本塁打を放ち、自身初の打撃タイトルとなるナ・リーグ本塁打王を獲得。シーズン200安打も達成しており、まさに飛躍の一年となった。  6位はランス・バークマン(ヒューストン・アストロズ)、7位にはマニー・ラミレス(ボストン・レッドソックス)が入った。2004年は43本塁打を放ち、アメリカン・リーグ本塁打王を獲得。ワールドシリーズではMVPに輝く活躍を見せ、その打棒でワールドチャンピオンとなったチームを牽引した。  8位以降はスコット・ローレン(カージナルス)、J. D. ドリュー(アトランタ・ブレーブス)、トラビス・ハフナー(クリーブランド・インディアンス)と新しい顔触れがランクインを果たした。

【関連記事】