Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホリプロ3姉妹“末っ娘”石原さとみの結婚で注目…深田恭子&綾瀬はるかゴールインはいつ?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 女優石原さとみ(33)の結婚発表で「ホリプロ3姉妹」に注目が集まっている。3人は「花の中3トリオ」として、かつて創業者の堀威夫社長(当時)が事務所の枠を超えて売り出した3人娘の現代版ともいえ、これまで独身を貫いてきたが「末っ娘」の石原がついにゴールインを決めたことで「長女」深田恭子(37)、「次女」綾瀬はるか(35)はどうなっているのかと話題になっているのだ。  深田は昨年末に一般男性と結婚目前と一部で報じられたが、いまだ結婚には至っていない。綾瀬もこの夏、韓国人俳優ノ・ミヌ(34)との交際説が持ち上がったが、本人は「全くありません」と全否定している。2人とも仕事は順風満帆だし、結婚を意識していない、あるいは急いでいないということなのか。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏も熱愛情報はつかんでいないそうで、こう言った。 「深田さんといい綾瀬さんといい、今さらながら、世俗とかけ離れた美貌の持ち主で、それを持て余しているところがあるようにも見えます。誰からも称えられるような美女には、こんな奇麗な自分を一体、誰にあげたらいいのと思っている部分が往々にしてあるそうですし、世俗と離れた芸能界にいれば、世俗でのポジションというか、結婚し子どもを持ち、家庭を育んでいくという一般の感覚を、実感として持ちにくいのかも知れません」  石原はそんな浮世離れした世界からリセット。親と家族の存在が決め手になったとコメントを発表した。

「自己都合ではできない」という声も

「とはいえ深田さんはこの秋、『マイペースと言われることが多いのですがこれでも一生懸命誰かに何かに追いつける様に走っている』などと胸中を語ったインスタが話題になりました。主演ドラマ『ルパンの娘』の撮影に頑張って臨んでいるのでしょうけど、このときもう石原さん結婚のニュースは耳に入っていたとみられ、そう思って読むと、意味深にも見えてきます」とスポーツ紙芸能記者は言っている。  1996年、中2で第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリに輝き、芸能界入りして24年。11月で38歳だけに石原のようにいつ電撃婚しても不思議ではない。 「綾瀬は結婚願望が少なからずあるようで、これまで何度もゴールインの噂が持ち上がっています。もっとも本人はほんわかとした印象ですが、仕事は男っぽいといいますか、国民的女優にして、ホリプロの看板を背負う存在と自任していて、そのプライド、責任感が強い。好きという感情だけで突っ走るような自己都合では結婚できない立場であることも自覚しています」(芸能プロ幹部)  末っ娘に先を越された姉2人の輿入れはいつになるのか。娘が可愛くて仕方がない“親”の立場からすれば、急ぐ必要はないし、どこにもいかないでという心境かもしれないが。 

【関連記事】