Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍 「遊泳禁止」看板ひっそり 鹿児島市・磯海水浴場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南日本新聞

 例年、多くの海水浴客らでにぎわう鹿児島市の磯海水浴場だが、今年は閑散としている。新型コロナウイルス感染症予防で海開きを見送ったため。最高気温が22.3度と4月下旬並みの涼しさになった16日は、砂浜に人の姿はなく、「遊泳禁止」の看板がひっそりと立っていた。  看板は市が1日に設置した。波打ち際付近に約30メートル間隔で4枚、正面入り口付近にはより大きめのものが2枚ある。  近くで140年余り営業を続ける両棒(ぢゃんぼ)餅「中川家」の中川澄子さん(85)は「新型コロナのせいで売り上げが激減している上、海水浴場が開設されないのは本当に痛い。コロナが早く収束し、いつものにぎわいが戻ってほしい」と願った。

【関連記事】