Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大仁田厚が3年ぶり8度目の引退かけ青木真也、宇野薫と路上電流爆破マッチ【DDT】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO HEADLINE WEB

 DDTプロレスリングが8月13日、東京・練馬の遊園地「としまえん」で会見を行い、「DDT LIVE!~さよならとしまえん~大仁田厚負けたら即引退SP」を8月27日に同所で開催することを発表した。  大仁田が敗れれば3年ぶり8度目の引退となる。  としまえんは今年6月、8月いっぱいでの閉園を発表。今回の試合は公式さよならイベントの一環として行われる。DDTはかつてとしまえんで路上プロレスを開催したことがある。  この日の会見にはDDTの高木三四郎社長とEXTREAM級王者の青木真也、そして大仁田厚が佐賀からリモートで参加した。  発表されたカードは路上電流爆破デスマッチの「大仁田厚&高木三四郎&クリス・ブルックス vs 青木真也&宇野薫&竹下幸之介」。

 としまえんでの電流爆破という話題性はもちろんなのだが、総合格闘技のレジェンドともいえる宇野薫が2000年の大晦日に行われた「INOKI BOM-BA-YE」以来、約20年ぶりのプロレス参戦。それも路上プロレスかつ電流爆破マッチというサプライズが盛り込まれた。  会見では青木が「最近の大仁田厚、いろいろトラブルを抱えている」「Zoomだと全然圧力がない」などと大仁田を挑発。  Zoomでの参加の大仁田は「何時間待たせるんだよ! 聞こえてるのか?」といつもと違う勝手にややエンジンのかかりが遅かったものの、「おいおいおい。8度目の引退。8度も9度も10度も一緒じゃ。受けてやるぜ」とすぐにいつもの大仁田節。返す刀で「青木選手。おまえはお前はお前は何をかけるんじゃ~」と無茶振り。  これには青木が「分かりました。5000万かけましょう。これはサイバーファイトの高木が用意します」と高木社長へ無茶振りのパス。これに高木は「準備に動きます」としぶしぶOK。

 ちなみに「5000万円」というのは先日、プロレスリング・ゼロワンの新オーナーが過去に大仁田に5000万円を踏み倒されたと暴露したことをいじったもの。  しかし大仁田は臆することなく「青木選手、よく聞け。今回の電流爆破は5倍じゃ」ととしまえんのラストにふさわしい電流爆破を用意することを予告した。  なお、大会に先立って21日に爆破実験を敢行。その模様はABEMAで生中継される。  また青木は宇野については「全く期待できない。めちゃくちゃ怯えてる。完全武装でくると思う」と話した。  今回の大会はメインの爆破マッチ以外にも数試合を予定。無観客で行われ、ABEMAの格闘チャンネルで生中継される。

【関連記事】