Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鳥貴族 大倉忠司社長 コロナで売り上げゼロからの再出発

配信

日経doors

新型コロナウイルスの影響を大きく受けた外食産業。焼き鳥チェーン最大手の鳥貴族も被害を受けた企業の一つ。この4月には直営店全店の393店とフランチャイズ加盟店の246店の休業に踏み切り、売り上げがほぼゼロになった。苦渋の決断を下すことになった経営者の胸中にはどんな思いが去来したのか。そして、この未曽有の危機からどんな起死回生策を打ち出そうとしているのか。鳥貴族を率いる大倉忠司社長に率直な胸の内を語ってもらった。 【関連画像】全国展開している鳥貴族の店舗。空中店舗(2階以上への出店)が多い/鳥貴族提供 前編 鳥貴族 大倉忠司社長 コロナで売り上げゼロからの再出発 ←今回はここ 後編 鳥貴族 大倉社長 どん底創業期があるから今立ち向かえる ●存在を否定された状態 創業以来の危機  1985年に創業し、バブル崩壊やリーマン・ショックなどさまざまな危機がありましたが、今回のコロナ禍はまったく別物です。外出自粛要請が出るということは初めてで、外食チェーンにとってはある意味、存在を否定されたような状態でした。  コロナによる被害が大きくなる前、3月は従業員の手洗い徹底、消毒、マスク着用など、さまざまな工夫をしながら営業していましたが、4月2日には全直営店(393店)を臨時で休業することを発表しました。これにより4月の売上高はほぼゼロになる。苦渋の決断でしたが、我が社は居酒屋業界における影響が大きい。だからこそ企業の社会的責任を考えて、店を閉めることにしました。  この決断を下したときに真っ先に脳裏に浮かんだのは従業員のことです。休業を決定したということは、売り上げがゼロになること。従業員が不安に思うのは当然です。そこで、すぐに従業員宛てにメールでメッセージを送りました。「4月は休業を決定したけれど、給与は心配しなくていい。100%支給する」と。そして「今は店を閉めるのが正義だ。クラスターを発生させてはいけない」とも。

「大倉パパ頑張って」が励みに

 リーダーというのはいつも明るく、大丈夫だよと楽観的な面を見せることが大事だと思っています。だからその後も1週間に1回は従業員宛てにメッセージを送っていました。それだけでなく、ツイッターも従業員を意識して投稿していました。内容は、食事の様子や日常のささいなことにすぎないのですが、なるべく暗くならないよう、明るい気持ちになれるような投稿を繰り返しました。社員だけでなくアルバイトやパートで働いている皆さんもフォローしてくれていますからね。少しでも暗い気持ちを払拭してほしいという一念でした。  そのうちにフォロワーから「大倉パパ(編集部注 大倉忠司社長の長男は関ジャニ∞の大倉忠義さん)、頑張って」という声も頂くようになり、私自身も励まされました。息子の七光のおかげだなとも感じ、ありがたかったです。  従業員に明るい表情を見せる一方で、役員や幹部社員には危機感を伝えました。「このままでは存続も危ぶまれるよ。今は企業の存続を第一優先に考えよう。まずは出血を止めなければならない」と。経営者は楽観的であると共に、悲観的に最悪なシナリオも常に考えておく必要があります。このままでは鳥貴族は本当に死んでしまうかもしれない。焦燥感から起死回生の一打を考えることにしました。 ●路面店ではない けれどテークアウトを検討  まずはできることから始めようということで、持ち帰り商品の販売を検討しています。同業他社のなかでも4月、5月の売り上げが顕著なところは、持ち帰りに切り替えた業態です。  ただ鳥貴族はこれまでコストをかけずに出店することを優先してきたために、路面店ではなく、ビルの2階や3階の店、空中店舗が多かった。そういう店でもどうテークアウトに対応すればいいか、試行錯誤を重ねています。SNSを使ってテークアウトの認知を広めたり、電話で注文できるようにしたりといろいろな方法があると思います。それに持ち帰りであれば、これまで主に来店していただいた若い層だけでなく、より幅広い年齢層の方にご利用いただけるのではと考えています。

【関連記事】