Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新世代エンタメサービスを先取りできる注目の5G対応スマホ4選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
&GP

今春から始まった5Gの商用サービス。従来の4Gから乗り換えると、どんな生活が待っているのだろうか。気になるその詳細についてモバイル業界に詳しいジャーナリスト・石川温さんに聞くとともに、3キャリアが主に扱う5G端末の特徴を解説する。 【全ての画像を見る】 【教えてくれた人】 ジャーナリスト 石川温さん テレビ、ラジオ、Web、雑誌などの幅広いメディアで活躍中。本誌『GoodsPress』にて連載中の「NewsClip」の記事も担当している。スマホの端末やサービスだけでなく、モバイル業界全般に詳しい

5Gならストレスのないネット生活に

「各キャリアの5Gをいち早く体験したい」ということで、NTTドコモで「Galaxy S20 5G」、auでは「Xperia 1 II」、ソフトバンクは「AQUOS RG5」を購入した石川さん。もちろん全キャリアで5Gの料金プランに切り替えたという。 ただ、5Gを体験しようにも、今のところエリアはかなり限定的。エリアというよりスポット=点でしかない。NTTドコモであれば、ドコモショップの店舗内や羽田空港内、auならKDDIビルの周辺、ソフトバンクもショップの前でようやくつながるといった具合だ。 ただ、5Gに乗り換えて後悔したかといえば、そんなことはないそう。むしろ、5Gにして良かったと感じている。そう思わせる5Gのメリットは「ストレスから解放される」という点だ。 各キャリアとも使い放題的なプランを用意。特に、NTTドコモが提供している新料金プラン「5Gギガホ」では、キャンペーン中の現在、データ容量が無制限となっている。外出時、どんなに動画を見ようとも、zoomでビデオ会議をしようとも、データ容量を気にする必要がない。もちろん5Gの圏内である必要はなく、4Gエリアであってもデータの利用は無制限だ。 auではNetflixとYouTube Premium、Apple MusicとTELASAの視聴料がセットになった料金プラン「オールスターパック」が魅力。auのスマホであれば使い放題なので、いつでもどこでもストレスなく動画を視聴できるのがうれしい。 まだまだ狭い5Gエリアだが、今年の後半ぐらいからは4Gの基地局で5Gスマホが使えるように、5Gの電波を飛ばす取り組みが始まろうとしている。これにより、全国で一気に5Gエリアが広がるだろう。 今年9月には、5G対応のiPhoneも登場しそうだ。それに伴って、各キャリアではさらにキャンペーンが過熱することが予想される。5Gに乗り換えて、ストレスのないネット生活を送る人が増えそうだ。

【関連記事】

最終更新:
&GP