Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ホンダF1】4台で133周を走行。3台のマシンに新たなPUを投入/F1ロシアGP

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

F1第10戦ロシアGP(27日決勝レース、ソチ)で初日のフリー走行が行われ、ホンダF1が次のように振り返った。 ●【FP2結果】2020年F1第10戦ロシアGPフリー走行2回目のタイム差、周回数 ■ホンダF1:初日レポート ロシアGPの初日金曜日。Honda PU搭載のアストンマーティン・レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリ・ホンダの4台は多くの走行テストを行い、多忙な一日となりました。 今日のセッションからマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)の3台のマシンは、新たなICE、ターボチャージャー、MGU-HとMGU-Kを投入しました。年間のPU使用計画に沿ったもので、ムジェロでのトラブルなどとの関連性はありません。 ■フリー走行1回目 レースウイークの幕開けとなったFP1では何度か赤旗や黄旗に見舞われましたが、二つのチームにとっては実りあるセッションとなりました。 他のドライバーたちが低いグリップコンディションに悩む中、フェルスタッペンは力強い走りで3番手をマーク。 クビアトは最終コーナーでスピンをしながらも彼のホームサーキットでのFP1にて7番手。その0.024秒差でアルボンが8番手、そしてガスリーが10番手となり、ホンダPU搭載の4台が全車トップ10でFPを終え、いい滑り出しを見せました。 ■フリー走行2回目 続くFP2はややタイムの上がらないセッションとなりました。FP1のクビアトと同じく、FP2ではフェルスタッペンが最終コーナーでスピン、全体7番手にてセッションを終えています。 そのフェルスタッペンとわずか0.1秒差ではありましたが、ガスリーは11番手、そしてアルボン12番手、クビアト13番手と続きました。トップ4とタイム差0.5秒もないガスリーが11番手ということから、今回も接戦となることがうかがえる結果となりました。 Hondaとしても、初日の金曜日午後、4台のマシンが走った133周の周回により、このレースウイークに必要な多くのデータを得ることができました。

【関連記事】

最終更新:
TopNews