Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

加入している保険の内容、すべて覚えていますか? 今こそ保険の見直しを実施しましょう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

医療保険や生命保険、学資保険など、家族構成の変化によってさまざまな保険に加入したものの、それっきりになっていませんか?保険は、見直しのタイミングを決めておくことで、適切な内容で継続することができるのです。

保険は一定期間ごとに見直しをするもの

保険は、一定期間ごとに区切って見直しをするべきものだと考えましょう。社会制度や価値観は変化していきますし、保険商品も随時新しい商品が発売されているうえ、今加入している保険も、更新のタイミングなどで内容が変化している可能性もあります。 そういった状況のなかで、一度加入した保険をそのまま放置するのは危険だといえます。大切な家族を守るためにも、定期的な見直しを実施したいところです。 見直しのタイミング(1)保険料の負担が重く感じたとき 子育てなどで家計が2馬力から1馬力に変わったり、転職によって収入が減少し、月々の保険料が重く感じたりしたら、その時点で保険の見直しのタイミングが到来したといえます。家賃や子どもの学費、住宅ローンの返済額などは、そう簡単に減らすことのできない支出でしょう。 それに対して保険であれば、解約せずとも保険料を下げたり、特約部分のみを解除したりして、基本的な保障内容をある程度維持しながら、無理のない範囲の保険料に設定することができます。 見直しのタイミング(2)更新のタイミング 保険会社から加入している保険の更新についての通知が来たことはありませんか? 更新とはいうものの、以前と全く同じ保障内容で契約が続くとは限りません。多くの場合は、保険料が下がったり上がったりしています。場合によっては、保険の保障内容が変わって、以前よりも使い勝手が悪くなったり、保障が薄くなっていることもあります。 更新通知に記載される内容は必ず確認するとともに、それを基にして継続かそれとも新しい保険に乗り換えるべきかなど、見直しをするべきです。 見直しのタイミング(3)ライフステージが変化したとき 人生にはライスステージの転換期がいくつもあります。 例えば… ・結婚したとき ・子どもが生まれたとき ・マイホームを購入したとき ・転職・起業をしたとき ・子どもが独立したとき などなど、人生の節目ともいえる転換期には保険を見直しましょう。 結婚したり子どもが生まれたりすれば、家族を守るためにも保険の見直しが必要になります。起業や転職をすれば、加入する公的制度や企業独自の福利厚生の内容も、これまでと変化します。 子どもが独立すれば、養育費や学費について心配することのなくなる一方、今度は老後の生活費や医療費を気にかける必要がでてきます。 このように、ライフステージごとに必要となる保障は異なっています。必要な保障を必要なときに受けるには、ライフステージに応じた保険の見直しが必須です。 見直しのタイミング(4)保険の見直しが必要だと感じたとき 思い立ったが吉日、ではないですが、保険の見直しが必要だと感じたときも、見直しのタイミングといえます。基本的に保険の見直しは早ければ早いほどよいものです。昨日と今日、そして明日が全く同じ日であるということはありません。 家族や周囲を取り巻く環境は日々変化しているということを意識し、保険の見直しが必要だと感じたときは、すぐに保険の見直しを実施するようにしてください。

保険の見直しはプロに相談を

保険は、見直すことで保険料や保障内容が大きく変わります。保険は自身や家族を守る大切なものです。誤った見直しによって、保険に加入した目的を達成できなくなってしまっては本末転倒です。保険の見直しを実施する際は、FPなど専門家に相談するとよいでしょう。 執筆者:柘植輝 行政書士

ファイナンシャルフィールド編集部

【関連記事】